【音楽】Pet Shop Boys

Pet Shop Boys(PSB) 19年ぶりの単独来日公演決定という事でPSBについて初めての人用にまとめておく。(2019/01/05)

PSBはニール・テナントとクリス・ロウからなるイギリス人ポップデュオで、ニールの哀愁漂う歌声とシニカルでたまに社会風刺な歌詞、クリスの作るポップでキャッチーな楽曲からなる。おとなしいダンスミュージックというかピコピコしすぎないピコピコ音楽。最近流行ったElectronic Dance Music(EDM)を昔からやってる愉快なおじさん達である。一番有名なGo West はカバー曲であり、この曲で好きになって収録アルバムVery を聞くと他のアルバムとの違いに驚く事になる。詳しくは wiki で。

予習用に聞くなら「Super」をベースに「Electric」「Yes」あたりを聴いて「PopArt」でPSBのポップと爽やかなジメジメが混ざった世界を知るのが良いと思う。余裕があれば歌詞を堪能して欲しい。

続きを読む 【音楽】Pet Shop Boys

【映画】マイ・ボディーガード

wiki

デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニング主演にトニー・スコット監督による骨太クリミナル・サスペンス。誘拐が多発するメキシコで元軍人がボディーガードになる。前半の心を閉ざした軍人と無邪気な娘の交流が素敵で徐々に心を開いていく姿がとても良い。怒涛の後半に観るものの気持ちを盛りたててくれる。男の生き様。良作。

【サッカー】鬼木監督の守備構築3年計画

2年目を終えた鬼木体制。3年目に向けて攻撃的なサッカーに植え付けた鬼木監督の守備とその先にある日本代表について考えてみた。(2019/01/02)

攻撃的なサッカー

フロンターレのサッカーは攻撃的である。「川崎の漢は攻めてなんぼ」というゲーフラが物語るように攻めてなんぼのサッカーである。

続きを読む 【サッカー】鬼木監督の守備構築3年計画

【映画】君の膵臓をたべたい

wiki

青春ノスタルジーの王道、儚い女子高生と当時を思い出す教師。ありきたりの設定ながら深みを持たせているのは主役のキャラ設定だろう。1人でいる人は強いのか弱いのか。そんな事を考える。人は死ぬ。そこを忘れてはいけない。良作。

【映画】キングスマン: ゴールデン・サークル

wiki

スタイリッシュ・アクション・コメディ・スパイ映画の2作目。あいかわらずの美しい調度品の中で行われるスタイリッシュなアクション。シリアスな場面でも笑いを織り交ぜるコメディ。エンターテイメントとして良い。良作。

参考:
【映画】キングスマン
【映画】裏切りのサーカス

【映画】キングスマン

wiki

キック・アスの監督が務めたスタイリッシュ・アクション・コメディ・スパイ映画。お洒落な英国紳士によるスパイ組織「キングスマン」の1作目。若者の成長を描く。秘密道具もアクションもキレッキレで面白い。内容はグロい部分もあるが勢いでOK的な監督の味がよく出ている。同じ諜報部員もので圧倒的な演技力を見せた俳優達を大胆に起用しているのが面白い。良作。

参考:
【映画】キングスマン: ゴールデン・サークル
【映画】裏切りのサーカス

【映画】シン・ゴジラ

wiki

エヴァシリーズの庵野氏による新ゴジラ。本人が特撮マニアでありゴジラファンなだけあって特撮のファンもゴジラファンもそしてエヴァファンも満足させる作品になっている。ゴジラの本質である日本への怒りと大衆娯楽という2面性を従来にない手法で描ききっているのは素晴らしい。小ネタがふんだんに散りばめられいて何回見ても飽きない。傑作。

【映画】誰よりも狙われた男

wiki

急逝したフィリップ・シーモア・ホフマン主演の本格スパイモノ。9.11テロを止めれなかった街として有名になったハンブルグで行われる独米のスパイ対決。アクションはなく政治的。点数稼ぎをしたいCIAと問題の本質を追いたいドイツの攻防。山は無いが主演の演技が味があって良い。リアル。普通。

【映画】ランナーランナー

wiki

ジャスティン・ティンバーレイクとベン・アフレック共演の実在のギャンブラーのドラマ。学費を稼ぐために始めたオンラインカジノ。そこで不正を見つけて大手オンラインカジノの幹部になるも徐々に悪に染められていく。という分かりやすい話だけど面白くなりそうな感じなのに、ものすごく盛り上がらない。演技が悪いとか脚本が悪いんじゃなくて演出が悪いんじゃないかな。普通。