【サッカー】リーグ15節 vs 清水エスパルス 2018/05/20 等々力陸上競技場


結果:数字上は完勝 3-0

得点:中村、阿部、中村

警告:無し

退場:無し

遷移:1-0 -> 2-0 -> 3-0

公式記録

続きを読む 【サッカー】リーグ15節 vs 清水エスパルス 2018/05/20 等々力陸上競技場

【映画】永遠の反逆児 ヴィヴィアン・ウエストウッド

filmerks

ヴィヴィアン・ウエストウッドの70歳の誕生日を記念して制作されたドキュメンタリ。パンクなイメージしかなかったが、精神的にパンクであるだけで他のデザイナー達と比べるととてもいい感じの人に感じた。大量生産大量消費に明確に反対してたり、今の政治をプロバガンダって言い切ったり、筋の通った人だなと。パンクな格好で自転車移動する姿もみれて貴重な映像だった。自分の知らない文化を知る意味でよかった。邦題は微妙。DIY。普通。

【サッカー】リーグ14節 vs 柏レイソル 2018/05/12 三協フロンテア柏スタジアム


結果:新しい力を感じた勝利 2−1

得点:小林、鈴木

警告:谷口

退場:無し

遷移:0-1 -> 1-1 -> 2-1

公式記録

続きを読む 【サッカー】リーグ14節 vs 柏レイソル 2018/05/12 三協フロンテア柏スタジアム

【映画】ミケランジェロの暗号

wiki

ナチス台頭期のオーストリアを舞台にした男達の愛憎劇。邦題が明らかにミスリードしているがダヴィンチコードのような謎解きは何もない。むしろ謎は観客には明かされているが劇中のナチ達は気がつかないという面白さ。ジャンルとしてはサスペンスでありコメディ。ユダヤ人迫害を描きながらもユダヤ人の強かさもうまく表現している。二転三転する立場。面白い。原題はMy Best Enemy、邦題は劣悪。良作。

【映画】シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

wiki

面白キャスティングなホームズ&ワトソンの2作目。コナンドイル最後の事件をベースにしている。相変わらずテンポよく、笑いありの娯楽作。アクションを見所にしているためか時間配分多めで謎解きは短め。でも娯楽作だからいいんです。普通。

あわせて観たい:
【映画】シャーロック・ホームズ
【映画】Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

【映画】シャーロック・ホームズ

wiki

面白いキャスティングのホームズ&ワトソン。優秀なのに人としてクズな演技に定評のあるロバートダウニーJrの魅力満載。ミステリーというよりアクション。リズムよく程よい謎解きをしながら展開する。娯楽作。普通。

あわせて観たい:
【映画】シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
【映画】Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

【サッカー】リーグ 13節 vs FC東京 2018/05/05 等々力陸上競技場


結果:魅力を感じない完敗 0−2

得点:無し

警告:齋藤

退場:無し

遷移:0-1 -> 0-2

公式記録 続きを読む 【サッカー】リーグ 13節 vs FC東京 2018/05/05 等々力陸上競技場

【サッカー】講義:ポジションとは(入門)

まずはこちらを読んでから:
【サッカー】講義:ポジションとは(前提)

主なポジションの場所と期待される事を表にしました。実際は今あまり使われないポジションもあったり、違う役割もあるけど、まずはこんなイメージを持っていれば良いと思います。

ちなみに4-4-2とか3-5-2というのは

[ DFの数 ] – [ MFの数 ] – [ FWの数 ]

を表しています。

最近だと4-2-3-1とか3-3-2-2とか書く事もありますがこれは

[ DFの数 ] – [ 守備的MFの数 ] – [ 攻撃的MFの数 ] – [ FWの数 ]

を表しています。

表の下に具体的な例をいくつか書いています。日本語で呼ばれるポジションも記していますが、どこのエリアにいるかを考えると以下の基本的な説明のプレーやその付近も含めたプレーが期待されていると考えて問題ないと思います。 続きを読む 【サッカー】講義:ポジションとは(入門)

【サッカー】講義:ポジションとは(前提)

「ダブルボランチ」「インサイドハーフ」「サイドハーフ」などなど、よく耳にするけどよく分からないポジションについて説明します。ですが、説明に入る前にとても大事な前提を伝えます。

1. 日本にポジションを示す言葉はない
2. 現代サッカーにおいてポジションは重要ではない

この2つが前提としてある事を踏まえて読んでください。一般的なポジションについても説明しますが「新しい戦術が生まれるたびに新しいポジションも生まれる」という事を知っておくだけで、割と試合を観る目は変わると思います。

続きを読む 【サッカー】講義:ポジションとは(前提)

【映画】Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

wiki

93歳の痴呆気味なホームズが心残りの事件をめぐる。昔と今のホームズをうまく演技分けている。ドラマとしては悪くないが、ミステリーとしてみると残念。謎解きも鋭くないし派手なシーンも緊張感もない。内容としても別に救いがあるわけでもない。日本の描画はひどいものだし、時間を飛ぶタイミングもイマイチで混乱する。テーマと静かに進む感じは悪くはいないんだが。コナンドイルだと思って見たらダメ(原作はミッチ・カリン)。惜しい。

あわせて観たい:
【映画】シャーロック・ホームズ
【映画】シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム