【蹴球】リーグ第13節(H) vs 福岡 2022/05/14

試合前

久しぶりのホーム開催。前節と全く同じメンバー。福岡は12試合で7失点とリーグ最小失点。そして引き分け6と勝点1になりがちなサッカーをしてくる。そこで注目は前節大活躍だった脇坂。どこで一皮剥けたのか分からないが自分が試合を決める気持ちと数字を残す意思を強く感じるプレーが多くなり、今までのチャンスメーカーからプレーメーカーも兼ねるようになってきた。遠野とのIHは個性が混ざり合ってワクワク出来そう。ホームで勝って首位浮上を目指したい。
始球式に来てくれたコウテイが全力でズィーヤしてくれて盛り上がった。頼むぞ脇坂。

試合中:現地観戦

〜15分 0-0 川崎握る展開も押しきれない

4-1-2-3の川崎と4-4-2の福岡。福岡が前から強めのプレスするが佐々木がドリブルでいなして回避。ルーキーさは無くなった感ある良いプレー。そもそも谷口車屋コンビの時にCBに圧力かけるのは筋が良くなさそうに思えるが。彼らはリーグ屈指の繋がるCBs。ここ数年ボール受ける時にハードプレスされ続けたお陰で「プレスされても受け方」だけでかわせるよ?を全員が高水準でやれるようになったの強い。その中でも脇坂は抜群に上手い。広くゆっくり使って川崎のターン。今のところそこまでの堅守感は無いぐらいの攻撃が出来てる、良し。ソンリョンビルドアップミスってピンチも自分でどうにかする。自作自演。福岡はセットプレーで得点稼いでるだけあって雰囲気あって嫌な感じ。

〜30分 0-0 川崎保持も崩しきれず

何度か作ってる右サイドからチャンスもまたしてもゴール出来ず。続けていこう。川崎が良い形で回せるようになって来た。ここまでの福岡の攻守を見る限り勝点1は取れそう。勝点3に持っていけるかって感じだ。佐々木のボール保持能力の高さと図太さ頼もしい。ダミアンの所にボール収まらないけど駆け引きずっとしてるので後半どうなるのか楽しみだ。

〜45分 0-0 川崎保持も攻めきれない

フアンマがパワーでボール奪取に来て橘田倒すも家長に抑え込まれる。家長強い。ピン留め要員増やして攻めの形を少し変える。こうなると個の質でどこか突破したい所だ。割と噛み合ってしまって動きが減ってるが川崎が手堅く攻め続けている。遠野結果は出てないけど推進力とシュートの意思を見せてていい。展開変わらず決定機を作れないまま追加1分。そのまま終了。

〜60分 2-0 焦れずに続けて結果を出す時間

福岡はゴリゴリしてたフアンマ交代で後半開始。比較的静かな立ち上がり。福岡はCBへのプレスは忘れない。福岡サポの太鼓隊の圧が凄い。前半終わりから見えてた勝点1になりそう感変わらず。得点に対する迫力というか意欲に欠ける。と買いたらスローインからパス繋いで山根絶妙アシストから遠野先制弾1-0(55分)。完璧な崩し。アシスト上手すぎ。先制後圧力を増す川崎の攻め。ダミアン煽り、CKで脇坂煽って盛り上がった所でCKから車屋決めるもVAR判定。だけど認められて追加点2-0(59分))。憲剛の時はあんだけ煽った空気だと入らなかったのに今の14番は違う所をみせた。

〜75分 2-0 川崎ペース

2点差つけても押し込む姿勢を強める川崎。橘田の絶妙ロングスルーパスにスタジアム湧く。押せ押せムードの中でCKからあわやのシーンもソンリョンが神様で一安心。こういうプレーがタイトルをもたらして来てくれてるんだよな。神様ソンリョン。車屋と谷口だとドリブルで剥がせない分、谷口の方が取り所になるんだなぁ。伸びしろだ。ここで福岡2枚交代(70分)。

〜90分 2-0 安定した川崎ペース

福岡の攻撃のアイデアは川崎を脅かす程では無いので淡々と時計を進める。ダミアン→知念、マルシーニョ→宮城、遠野→ジョアン(79分)。残りの時間をどう過ごすんだろか。新しいユニットで普通に追加点を狙う川崎。ジョアンの展開力は魅力的。福岡交代(85分)。家長えげつないキープ力を見せつけた後、交代。家長→小林(85分)。小林入った事で結果出したい前線がガルルしてて楽しい。これも小林の魅力。追加4分。脇坂→小塚(90分)。そのまま無事クロージング。勝ち。

試合後

前半は勝点1になりそうだったが、焦れる事なく単調になる事なく攻め続けたのが大きい。流れからではなくてセットプレーからではあったが決め切る事が大事。煽り芸から点取れたのは盛り上がる。遠野シーズン初ゴールおめでとう。勝点3。26→29で首位浮上。

【蹴球】リーグ12節(A) vs 清水 2022/05/07

試合前

ACL敗退決定後初のリーグ戦。国内三冠に向けて勢いをつけたい試合。大島、登里、チャナティップの怪我が発表されて初の試合は今のベストメンバー。アンカーは橘田以外出来なそうなチーム状況なのが気がかりだがベンチにジョアンを入れてるのはそこも考慮して色々仕込んでるのかな。4-2-1-3含めて今後のサッカーどうして行くのか楽しみである。

試合中:DAZN観戦

〜15分 1-0 川崎優勢の時間帯

4-1-2-3の川崎と4-4-2の清水。立ち上がりからダミアン猛プレス。遠目からでも前線は追う感じだ。強引にでも自分達の流れにしようという意図を感じる。積極的なのは好みなんだけど、ちょっと攻め急ぎ感あるのでカウンターに気をつけたい。サイドを仕掛けながら真ん中から脇坂ミドルシュートの良い流れ。続けていこう。関係無いが清水のピッチ綺麗だな。良いサッカー出来そう。ロングボールをマルシーニョ上手く対応して抜け出すも権田ナイスGK。けどこの形作れたのは駆け引きとして大きい。良い形でボール奪ってエリア内の家長が繋いで走り込んだ脇坂ゴール1-0(14分)。リーグ初ゴールで初ズィーヤ決めたっぽいけだカメラには写らず。ナイス先制点。

〜30分 1-0 川崎優先の時間多め

先制してからも高いラインでの守備意識変わらず。ドンドン行こうという気持ちを感じる。清水のカウンター鋭いがACLに比べるとそうでもない。速さだけなら車屋谷口を越えるのは難しい。攻撃は単調にならず色々試してる感じ。清水のブロック悪くないがこの崩しやってれば穴あきそう。焦れずに続けて行こう。今日もマルシーニョは良いアクセント。裏狙いを見せる事大事。脇坂が前より試合作りに積極的になってるように見える。王様への道を歩み始めたかな。

〜45分 2-0 川崎ペース

脇坂褒めたらハーフスペースから完璧なクロスをマルシーニョに合わせて追加点2-0(31分))。完璧。このシーンでも家長の溜めが効いてる。右WG家長の代わりいない問題深刻だな。車屋は守備面はもちろんだけど攻撃面での貢献が大きい。清水の取り所をドリブルでかわして奪ってるので清水が困ってる。中途半端になったボールへの反応が川崎のほうが圧倒的にいい。こういう事の積み重ねが勝点の秘訣。慌てる事無く相手を動かすパス回し。今日の試合コントロールはいい。

〜60分 2-0 川崎保持も清水積極性みせる

清水2枚交代で後半開始。開始直後に佐々木のクロスにダミアン合わせるも決めきれず。佐々木良いクロス。後半も川崎保持の展開変わらず。清水は狙いは分かるが谷口のほうが一枚上手で鉄壁感漂う。清水が攻め気を見せ川崎は受ける時間になりつつある。ちょっと受けすぎなので相手の勇気をへし折る攻撃を出したい。

〜75分 2-0 清水のチャレンジが効いてる

ダミアン→知念、遠野→ジョアン(60分)。おぉ、ジョアン使うのね。ACLで評価高めたか。アンカージョアンで橘田IH。清水積極的で川崎も付き合いオープンな展開に。ジョアンが守備で安定感出してくれているがチーム全体として後手に回ってる。流れをつかまれるほどでは無いが良くない時間。やはり攻撃を見せないと相手に勇気を与えてしまう。脇坂→宮城、マルシーニョ→小林(70分)。意図の分かる交代だ。小林がCFで知念RWG、家長IH。ワクワクさせてくれ。

〜90分 2-0 良くは無いが悪い程でもない

清水の前に来る矢印を中々止められない。けど清水の流れって訳でも無い。こういう時間をどうするのか見せて欲しいところ。前線はハメに行こうとするけど中盤以降はそうでもないので清水がビルドアップしやすそう。意思統一しよう。小林RWGになったか。広く使うパス回しだが各駅停車なので崩す所までは行かない。ただ清水を走らせる事は成功してる。けど川崎のリズムにはならない。このまま試合終わらせようって感じ。プレーメイカー不在な試合だ。家長→小塚(88分)。面白い交代。試合締めるだけじゃ無く小塚のアイデア見たい。追加4分。最後まで即時奪回の姿勢を続けるのとても良い。CKから完全フリーで打たれるが枠内でセーフ。そのまま終了。

試合後

前半は完勝と言える内容とスコア。後半は悪く無いが良くも無いまま時間を過ごした印象。ACL明けで久しぶりのリーグをクリーンシートで勝ったのはとても良い。これで勝点20→23で2位キープ。ジョアン良かったが橘田と色が違い過ぎるのでどう戦術的に落とし込むのか注目していきたい。

【蹴球】ACL GP 第6節(C) vs 広州 2022/04/30

試合前

ACL GP最終節。前節の敗戦で自力突破が無くなった川崎はまずは勝利。とはいえ格下相手なのでスタメンほぼ入れ替え。しっかり勝って後は祈ろう。

試合中:DAZN観戦

〜15分 1-0 圧倒的に川崎保持

4-1-2-3の川崎と3-4-2-1の広州。キャプテン山村。前回と同じ形の対戦。広州は完全引きこもりでライン低いが強度も質も高くないのでボールは入れられている。予想通り川崎が保持して攻め続ける展開。圧倒出来る相手に優勢ではあるが点の匂いは弱い。しっかり勝つ為に早めに先制点とりたい。チャナティップ負傷で橘田と交代(14分)。心配。中央で受けた知念が冷静にシュートを選んで先制1-0(14分)。今シーズンも成長感じる知念。ストライカーとして爆発して欲しい。

〜30分 1-0 川崎保持で淡々と

瀬古が積極性見せて良い感じ。攻め続けているが疲労もあるのか迫力はそれほど感じず淡白な感じ。力の差がある事を感じるのでワクワクより淡々。飲水タイムでどんな指示出すか。

〜45分 1-0 川崎保持で淡々と

小林が右でしっかり仕事してる。遠野は今日も積極的にシュート狙う。試合強度が低くて練習を見ているかのよう。早く追加点欲しい。裏狙いのパスをバンバン入れる。小塚から小林ラインが可能性感じる。追加点取れないまま前半終了。悪くないけど物足りない。

〜60分 1-0 川崎保持で淡々と

川崎メンバー無く後半開始。橘田アンカーで小塚をIHに上げる。今シーズンの小塚は自信を持って自分を表現しようとしてるの好感度高い。

〜75分 1-0 川崎ペースで多彩に攻める

小塚の惜しいFKもファインセーブ。遠野→脇坂、宮城→マルシーニョ(63分)。松井、瀬古は気持入ってそうだけど印象に残るプレーが無い。両SBもっとアピールして欲しいな。細かいパス回しから小林いい狙いもファインセーブ。小林いい。脇坂入って展開に幅が出てきて楽しくなりそう。

〜90分 1-0 川崎ペース

強い雨が降ってきた。猛攻見せるもゴール決めれず。小林→家長、小塚→谷口(85分)。ここで試合を〆る為の豪華な交代。アンカー塚川。家長早速安心感を与えてくれる。家長中心に安定して時計を進める。追加3分。そのまま終了。

試合後

追加点こそ取れなかったが連戦最後をキッチリ勝った。先発メンバーも交代メンバーも持ち味は出せた。あとは他会場の結果を待つのみ。
結果グループリーグ敗退が決まった…

【蹴球】ACL GP第5節(C) vs 蔚山 2022/04/27

試合前

ここで勝てばグループ1位抜けがほぼ確定する一戦。前節大勝の勢いのまま今日も積極的に仕掛けていきたい。橘田アンカー、遠野IHなので中央の機動力は高い。前回対戦では4-2-1-3で始めて重心低めサッカーになってしまったので、今日は元気に押し込む姿が見たい。

試合中:DAZN観戦

〜15分 0-1 内容川崎も痛い失点

4-1-2-3の川崎と4-2-2-2の蔚山。重そうなピッチだ。蔚山相変わらずハメにくいビルドアップしてくるが川崎も無理せずプレッシャーかける。相手のビルドアップミスからダミアンチャンスも決めきれず。ピッチ悪い。佐々木前目で仕事してていいね。川崎の動きが良い。今日も家長は良いアクセント。蔚山は試合に上手く入れて無い。と書いたら混戦から決められた0-1(14分))。うーん。良くない失点だ。

〜30分 0-2 流れは悪くないが失点

ボール保持する川崎は変わらないがパスミスからカウンター決められて0-2(20分)。うーん。これも流れが良くない。攻めてはいるので早めに決定機をと書いていたら右サイドのクロスからマルシーニョ惜しいシーン。マルシーニョは今日も脅威になれそう。相手FWレオナルドが1人でカウンター成立させれるのが怖い。頑張れ熊本兄弟。今日はダミアンにボールが比較的収まる。ピッチの影響でパススピードが出ない。クロスをシンプルに入れる展開。

〜45分 1-2 悪くない中、点取れた

飲水タイム挟んでも特に変化なく川崎保持の展開。谷口の攻め上がりからマルシーニョ折り返してダミアンゴール1-2(40分)。蔚山の守備はそんなに堅く無さそうというか穴がある。人を飛ばすパスは相手を動かせる。同じ様な展開で時計は進む。追加2分。そのまま前半終了。

〜60分 1-3 悪くは無いが耐える時間

両チーム交代なく後半開始。同じ感じの立ち上がりだがレオナルドに形作られカウンターから失点1-3(47分)。うーん、3度目の嫌な失点。完全に崩された形は無いが全部同じような失点。そして時間が悪い。まぁ、まだ時間あるししっかりやっていこう。ちょっと守備に甘い所ありミドル打たれる。この時間頑張りたい。しかしパススピードが出ないとここまでサッカーの質が落ちるんだと目の当たりにしてる。等々力のピッチに感謝。ここで山根佐々木に続けてイエロー。流れを持ってかれないようにする時間だ。ちょっと間延びしてるかな。佐々木→山村、脇坂→ジョアン、遠野→小林(57分)。疲労もあるのか3枚替えで4-2-2-2か。攻めの形が多彩にはなってきた。

〜75分 1-3 流れは来てるが掴みきれない

レオナルドには相変わらず手を焼いている。ジョアンの展開力が光る。大きな揺さぶりパス。スピード出ない各駅停車パスは辞めた感じか。マルシーニョの仕掛けからダミアンチャンスもナイスキーパー。枠内シュートで終わればいい。ドンドン行こう。マルシーニョ→知念(68分)。FW勢揃いは初か?どんな攻撃を見せてくれるのか。

〜90分 2-3 両チーム疲労の中頑張った

この時間もカウンターでヒヤリ。攻撃的に守備したいがハメどころが定まらず怖さが出ない。橘田→宮城(76分)。本格的にFW総動員。そして飲水タイム。シンプルに遠目から放り込むサッカーにしたか。攻撃偏重構成なのとバランスよりゴール前集中型なので守備が厳しいが頑張ってる。ドンドン長いボール蹴れてるのはいい。やろうとしてる事をやりきろう。疲労の色が濃い中、頑張ってる。追加4分。可能性ある攻撃もナイスキーパー。クロス折り返しをダミアン合わせて2-3(91分))。もう一本打ちたいが打てないままACL初敗戦。

試合後

久しぶりに川崎のチャントが聞こえる試合。失点シーンが勿体無かった。ピッチと身体が重い内容だった。立ち上がりで押し込んでた15分で失点したのが痛すぎた。最後まで攻め抜きやり切った所は評価したい。ただこの敗戦でACL的にはかなり厳しく風前の灯。ジェジエウ不在なのが心残りの内容だった。

【蹴球】ACL GP第4節(C) vs JDT 2022/04/24

試合前

6連戦の4戦目。中2日で同じ相手、しかも首位と戦うあまり無い展開での対戦。レギュレーション的に首位でのGP突破したいが、その為には今日の勝利は必須。勝負のスタメンはやはり家長復帰。ここにピークを持って来てると信じたい。家長不在では右サイドから違いが出せずに左サイド一辺倒かつ単調になりがちだった攻撃の活性化を大いに期待する。そしてエース小林のCFスタメン。こういう試合で決めてこそ我らのエース。形はともかく結果を出して欲しい。勝つぞ。

試合中:DAZN観戦

〜15分 1-0 様子見

4-1-2-3の両チーム。ジョホールは3戦戦っていた強力外国人FW陣を完全休養。勇気を持ってハイラインで押し込み続けたい。立ち上がりはジョホールの出方を伺う感じで構える感じ。相手をよく見る時間。ちょっと受け気味になった所で小林がライン上げろの指示。いいね。よく見てる。まずは右サイド家長起点で形作れた。アンカー脇が空いてるのでチャナが輝きそう。小林倒され得たFKを脇坂直接決めて先制1-0(13分)。完璧。これが14番だ。

〜30分 1-0 川崎よりの流れ

流れは川崎。チャナが良い場所で受けれているし、佐々木も攻め上がり始めた。小林裏抜けも出た。ワクワクな気配。ここで点を取り切りたい。ここでジョホールDF負傷交代。脇坂調子良いが被ファール多いので怪我注意。橘田の守備範囲広いな。ペース握る所までいけてない所で飲水タイム。内容は良い。

〜45分 3-0 川崎ペース

家長絡む展開で右サイドから完全に崩し小林追加点2-0(31分)。美しい。小林怪我なのか心配だが大丈夫そう。家長と中盤トライアングルが機能してる。小林もやりやすそう。圧倒し始めている。距離感いいな。家長時間作って山根クロスを小林上手く合わせて追加点3-0(43分)。完璧。崩しも時間も完璧。家長の存在感半端ない。ここまで期待通りの試合内容。追加4分。安定感ある時計の進め方出来てる。

〜60分 3-0 立ち上がりはジョホール

ジョホールは選手交代して3-1-4-2の本来の姿で後半開始。ちょっと形を作られてしまっているので早めに慣れたい。前回対戦では拮抗してしまったが今日は家長が自由に動いて形を崩していく。流石。IHがエリア内に侵入する回数が多くて観てて楽しい良い試合。宮城→マルシーニョ、家長→知念(58分)。知念に変わってどうなるか。小林の駆け引き観てて楽しい。調子良さそう。

〜75分 3-0 川崎ペースで時計を進める

即時奪回の配置がいい。流れるような受け渡し。だいぶ相手に慣れて落ち着いている。慣れた所でジョホール再び4-1-2-3に戻す。ジョホールは取り所を設定出来てない。ゆっくり時間を使うパス回し。体力使わず時計を進める。

〜90分 5-0 完全な川崎ペース

脇坂→小塚、橘田→塚川(76分)。メンバー変わっても今日は距離感がいい。ただ家長居なくなってから攻撃のアイデアは見るからに減って単調に。と書いたらチャナティップが一人で持ち込んでラストパス。マルシーニョ落ち着いて決めて4-0(81分)。数字残して欲しい選手が今日はしっかり数字残してる。車屋→山村(86分)。無失点で終わらせようと思っていたらいい崩しからチャナティップ追加点5-0(88分)。いい。前回対戦での鬼さんの喝が効いたのか。しかし今日は落ち着いてる。CBが90分通して良いパス出し続けているのが相手が1番困ってる所かな。追加3分。相手も元気無くなりクリーンシートで試合終了。完勝。

試合後

今日は90分間通して質の高さを見せつけた好ゲーム。決める所で決める人が決めるという、流れに乗れる結果となった。これで首位浮上。好リズムを生み出した脇坂、家長を休めさせる事も出来たので残り2戦を連勝で終わりたい。

【蹴球】ACL GP第3節(C) vs JDT FC 2022/04/21

試合前

リーグ首位のジョホールとの対決はスタメン組で挑む。知念スタメンでベンチに永長。家長は今日もベンチ外。ピッチも試合時間も変わって中立地開催のはずが完全なアウェイという環境。相手に有利ではあるがこういう試合に勝ってこそACL。さぁ、勝とう。

試合中:DAZN観戦

〜15分 0-0 互いの味出る立ち上がり

4-1-2-3の川崎と3-1-4-2のジョホール。ピッチが綺麗でやりやすそう。川崎やや積極的な立ち上がりだが、ジョホールの5バックは堅そうで前からハメたい。ボール回しがここ2戦より速いが引っかかってリズムが出ない。知念前プレスからチャンス。続けていこう。マルシーニョが今日もストロング。左サイドから良い攻撃をしている。首位ジョホールもしっかり持ち味出してる。

〜30分 0-0 川崎ペース

アンカージョアンが上手く立ち振る舞っているが連れ出された時にミスると危なそう。ジョアンの左への展開が効果的。惜しい所まで行ってるのでこの時間に一回決定機作りたい。個の力でいうと川崎の方が上な感じが要所要所で見える。ジョホールは外国人FW任せの攻撃で厚みは無い。一発系なので油断禁物。相手の形になれたのか安定感とゆとりが出てきた。ジョアンからマルシーニョの形がまた炸裂も決定機までは行けず。良いリズムになり始めてる。

〜45分 0-0 両者拮抗

流れ掴めそうなタイミングで飲水タイム。マルシーニョ中心に左サイドから可能性を感じるが最後のところを突破できない。リズムは悪くない。ジョホール4バックに変更。攻めきれない時間が続くとジョホールがミドルシュートから単発攻撃を仕掛けてくる。両チーム拮抗した感じになり追加2分。悪くないけど形つくらせて貰えないし、相手のやりたい攻撃をやり切られてるのはちょっと印象良くない。

〜60分 0-0 がっぷり四つ

両チーム交代無く後半開始。ジョホールは引き続き4-2-3-1。ダミアンを使う形が出せてないので一度作っておきたい。立ち上がりは川崎が積極的にボール動かして仕掛ける時間に。中心は左サイドのマルシーニョ。結構激しく行っても許容するレフェリング。CKから惜しい形。がっぷり四つに組んでしまってるのでセットプレー大事にしたい。ロングとショート織り混ぜてるけど相手の形を崩せない。攻められる雰囲気も無いが攻めきれる雰囲気も無い。

〜75分 0-0 こう着状態もやや川崎に流れが

遠野→脇坂、山村→車屋(61分)。流れがどう変わるか。知念気持ち入ってるがちょっと熱くなってるかな。球際激しくジョホールとファール取らないジャッジに全体的にイライラ気味の気配だがコントロール出来てそう。こう着状態の中、ダミアン意表をつくロングシュート。面白い。佐々木も高い位置で絡み始めていい。流れを掴みそうな時間。

〜90分 0-0 流れ掴む所までは行けず

引き気味だったジョホールが前からプレスを仕掛けるシーンがでる。勝ちに行くのか分けを受け入れるのか両チームの考えが出る時間帯。どうするか。ジョホールは選手入れ替え攻撃的な感じに。前に出てくれるなら攻める穴が出来るので上手く使いたいがジョホールの勢いに押され気味。マルシーニョ→宮城、ダミアン→小林(84分)。CFは知念。両WGが元気になったので何か起こりそう。追加3分。車屋ロングボールに小林が気持ちでシュートまで持っていく。カッコいい。しかしそのままスコアレスドロー。

試合後

勝てそうな感じもあったが引き分けは妥当な結果。中2日で同じ相手とやる難しさもある采配だったか。次の戦いでスッキリ勝って首位に立ちたい。

【蹴球】ACL GP第2節 vs 広州 2022/04/18

試合前

ACLに力を注げない理由でだいたいU21の広州恒大に対して、川崎も松井や瀬古をスタメン起用。松井はCBデビューか。若手中心メンバーで誰が活躍するのか楽しみたい。

試合中

〜15分 2-0 川崎ペース

4-1-2-3の川崎と3-4-2-1の広州。注目の最終ラインは左から松井、車屋、塚川、瀬古。今日も芝が重そう。広州は若いチームだが勢いよりも慎重な入り。要所で川崎が勝ってるので早めに点が欲しい。と書いた途端にCKから知念ヘッドで先制1-0(6分)。良い時間の先制点。ドンドン点とっていきたい相手だ。松井ちょっと勿体ないイエロー。まぁデビュー戦だしのびのびやろう。車屋ロングパスに宮城抜け出し、折り返しを知念ボレーで追加点2-0(12分)。久しぶりに中央の守備が堅くない相手だ。小林のゴールが見たい。

〜30分 4-0 川崎ペース

いい流れから小林決定機も決めきれないが、得たCKから車屋追加点3-0(16分)。ゆるい。点差ついても両チームに変化は無く攻める川崎と何となく配置を守る広州。宮城の所が完全に勝っているので渡せばどうにでもなりそう。と書いた途端に宮城クロスから知念の決定機。枠捉えられずだが何点か取れそうなぐらいゆるい。左サイド抜け出した瀬古が倒されPK。小林が止められながらも押し込んで追加点4-0(21分)。広州からは覇気を感じない。どこもプレスがきつい場所が無いのでずっと川崎のターン。松井は前に宮城がいるのもあるが積極性に欠けて見える。無難というより消極的。

〜45分 5-0 川崎ペース

松井が徐々に前に行き始めた。いいぞ。ここで飲水タイム。その後も攻め続ける川崎。小林、宮城と続け様にポスト叩くが跳ね返りを小林押しのみ追加点5-0(38分)。試合になってない。川崎U18って強いんだなーとか思ってしまう内容。そして相変わらず何も変化のない試合。5-0だけど川崎の方がモチベーション高くみえる。もうやりきってしまおう。圧力無いと知念がエリア内で周り良く見えてるのがよく分かる。

〜60分 6-0 川崎ペース

知念→五十嵐、松井→田邉。後半から二枚替え。五十嵐もプロデビュー。期待の田邉頑張れ。五十嵐右で小林中央。前半より丁寧に形の確認をしているように見える中、鬼さんの細かなダメ出しが熱い。こういう試合でも油断させない無駄にしない気持ち大事。車屋の縦パスに抜け出した宮城がそのまま決めて6-0(50分)。五十嵐になって五十嵐が落ちて受ける感じに右の組み立てが変わったが効果的に見えない。ボールは持てるが相手のブロックを動かせて無い。小林に入れて落として、の展開の練習みたいになってきた。脇坂→高井(57分)。おぉ高井もデビュー。塚川が中盤に上がる。広州はブロック組みっぱなしの引きこもり時間。

〜75分 8-0 川崎ペース

しっかりブロックをじっくり崩す川崎。五十嵐がエリア内でプレー増えて良い感じ。足元うまいな。塚川がエリア内進出してて良い。小林またもポスト。そして飲水タイム。小林→遠野(70分)。攻め続ける川崎はチャナティップが中央仕掛けてそのままゴール7-0(71分)。チャナ初ゴールおめでとう。とスコアが動いら直ぐにCKから車屋決めて8-0(73分)。怪我から強い気持ちで復帰した車屋が数字残してて嬉しい。後半2回目の飲水タイム。

〜90分 8-0 川崎ペース

両チームとも疲れが見えるが内容はあまり変わらない。淡々と時間が過ぎて行く。宮城→橘田(83分)。橘田アンカーで塚川は更に前に。ユーティリティ。今までとは違うリズムで良い攻撃。鬼さん采配いい。最後まで緩む事なく攻め続ける快勝。

試合後

力の差がある相手に90分集中してやりきった。得点も合格点。小林が公式戦で点取れたのでこれから流れに乗って欲しい。新人も試せたし良い試合だった。

【蹴球】ACL GP第1節(C) vs 蔚山 2022/04/15

試合前

ACL初戦はリーグ最後と同じスタメン。リーグでの課題をどう改善したのか、どう試合に入っていくのか、立ち上がりから注目。ベンチに復帰の車屋、若手高井を入れるが田邉も大島はいない。外国での中2日の6連戦。総力戦で戦い抜こう。まずは勝利で一位突破に勢いつけたい。

試合中:DAZN観戦

〜15分 0-0 両チーム様子見

4-2-1-3の川崎と4-2-2-2の蔚山。前からプレスかけてはいるがそこまで圧はかけない。どちらも様子見な両チームの立ち上がり。ボランチのプレスが後ろ気味でちょっと不安。どちらかはもう少し前にいるほうがいいのでは。蔚山はあまり仕掛けてこない感じ。蔚山玉離れいいがどう崩そうとしてるのかイメージが湧かない。いつ仕掛けてくるのか。蔚山の攻撃は天野への依存が高そうだ。

〜30分 0-1 拮抗もワンプレーにやられる

両チーム保持する時間はあるが怖い時間は作れない。互いにボールの取り所が作れないがシュートを打てる場所にはボールを通さない守備。こう着状態が続きそう。34℃の気候の中で焦れずに集中力切らさずやれるかが大事そう。川崎の前線プレスの連動性が低いなーと思った所で蔚山のロングボールで一対一を作られ失点0-1(26分)。うーん、いまいち。失点はしたがやる事変えずに前からプレス。ただやはりダミアンだけ行ってる感じ。ハメきれなそうな印象。しかし暑いのと連戦なのもあって運動量が少ないというか切り替えの少ない試合だ。ボールのスピードが出なそうな芝も理由かな。

〜45分 0-1 拮抗続く

川崎がハーフスペースを使ったパスワークが出始めた。この空気で枠内2本は打っておきたい。リードする蔚山はより一層安全運転な雰囲気。川崎シュートで終わるシーンが出始めてるの良い傾向。パワーをかけた時間が終わり蔚山ボール保持の時間に。蔚山のポジショニング絶妙だな。マルシーニョは今日も飛び道具として存在感ある。決定機作れないまま前半終了。

〜60分 0-1 川崎のリズムが良い

メンバー変えずに4-1-2-3に形を変えて後半開始。早々に橘田決定機もファインセーブで得点ならず。ナイスキーパーとしか言えない完璧な流れだった。惜しい。ダミアンも活きて来たし橘田が躍動してる。早いうちに追いつきたい。流れはいい。佐々木は初ACLでも落ち着いてる。ジョアンの深い所からの絶妙なロングボールから決定機作るも決めきれず。ジョアン上手い。

〜75分 0-1 良い攻め見えるも流れ掴めず

遠野→脇坂(62分)。リズム出て来た所で脇坂投入。点を取りに行きたい。後ろで繋いでチャンスを窺う川崎らしいボール回しが始まった。ワクワクするボール回しだ。やや間延びし始めたかな。マルシーニョ→宮城、橘田→知念、山村→車屋(68分)。山村脚を気にしてたが大丈夫か。山根クロスを知念に合わせるも枠捉えられず。でも初めてクロスで形が出来た。いい。悪くないが流れを掴むほどではないな。あと一歩。といった所で飲水タイム。

〜90分 1-1 らしさが出始めた時間

CK何度もあり流れはきそうな感じ。ダミアン→小林(80分)。今日はCF小林だ。決めて欲しいなアンパンチ。宮城仕掛けるが蔚山のスライド早くて人が多い。もう少し相手を動かすパス回ししたい。ここにきて両者動きが出てきた。蔚山のブロックが堅いのと数的同数カウンターをちょいちょい出されるので圧力かけきれない感じ。ちょっとリズムが無くなってきた。宮城の積極性はいいが相手キーパー乗ってる。と書いた途端にCKのキーパーポロリを車屋押し込んで同点1-1(94分)。復帰の車屋がラストプレーで決めたのは良い流れになりそう。勝点1。

試合後

内容は悪く無かったし引き分けが妥当な試合だった。最後に追いついたのは大きい。4-2-1-3の重心後ろ目問題は2019年から変わってない。あえて採用する意図は分からなくもないが進化がないなら好感は持てない。どうしていくのか注目していきたい。
試合とは直接関係無いがジェジエウいたら失点して無かったろうな、と思ってしまう内容だった。リーグよりACLで不在を感じるジェジエウ。現実にいないので言ってもしょうがないが強く思ったので記録しておく。

【蹴球】リーグ第8節(H) vs 柏 今日

試合前

二試合未勝利と流れに乗れていないところでACL遠征前最後のリーグ戦。ここで弾みをつけたいところでジョアンスタメン。橘田はIH?ダブルボランチ?気になる配置。ホームで連敗は許されない中で鬼さんはどんなサッカーを見せてくれるのか。好調柏相手だが強い気持ちでワクワクさせて欲しい。

試合中:現地観戦

〜15分 0-0 柏ペース

4-1-2-3の川崎と3-1-4-2の柏。橘田はIH。フォーメーション的にハメに行きにくいのでボール取りに行かず、球際で勝負する立ち上がり。柏に後ろでボール保持されて割と自由に回されてる。柏の攻撃も連携がスムーズで見てて面白い。ハメに行けないのでショートカウンターも出ない為、攻撃事は5バックを攻略しなくてはな展開。今のところ良い攻めはない。ジョアンの攻守切り替え時の戻りが遅いのが気になる。山根のミスから決定機作られるも枠行かずセーフ。危ない。ビルドアップも良くない。マルシーニョの個人技だけが光ってる。佐々木旭の持ち上がりから遠野ミドルも僅かに外。左サイドは個人技でどうにかしてる。苦しい展開を前線プレスでどうにかしようとするダミアンカッコいい。

〜30分 0-0 やや柏ペース

流れは変わらないが橘田が降りて来るようになり、ビルドアップは安定し始める。しかし攻撃は距離感遠目であまりリズム出ない。今日は家長が消されてる。攻撃が左サイド一辺倒だが長短織り混ぜ色々やってる。頑張れ。と書いてたらCKこぼれ球をマルシーニョ押し込み先制!もVAR判定でハンド取られて無効。流れが変わりそうなだっただけに残念。

〜45分 1-0 せめぎ合い

逆にVAR中に修正して来た柏が元気になる。上手く攻めれないまま時間が過ぎていく。守備陣はハイボールを難なく跳ね返しているので裏抜けだけ気をつければ良さそう。攻撃陣は裏や奥を使おうとしているのは良いがパスの精度がイマイチ。挑み続けよう。しかし家長は仕事させてもらえないなぁ。山根が上がれるから悪くはないけど、展開に変化が生まれない。頑張る左サイドがロングボールにマルシーニョ抜け出してダミアン合わせて先制1-0(45分)。マルシーニョ足速い。

〜60分 1-0 川崎ペース

川崎は交代無く後半開始。柏は一枚替え。後半はボールを奪いに行きショートカウンターからチャンスを作る立ち上がり。家長ジャッジにイライラでイエロー。勿体ない。佐々木は前半よりもより前に出て来るようになって面白い。前線からボールを奪いにいく姿勢はいいがファールが多いのとジャッジへの不満が見え隠れしてるのが良くない。遠野もジャッジに不満でイエロー。ダサい。マルシーニョの個人技は凄いな。ダミアンサポを煽る。カッコいい。良くない時こそサポの力を注ぎ込みたい。家長→知念(55分)。まぁ妥当な交代。佐々木は堂々とプレーしてていい。

〜75分 1-0 やや川崎ペース

マルシーニョがストロングポイントな感じで攻撃のリズムを作る。FKから押し込むもオフサイド。知念になって前からプレスを強める。こういうサッカーのほうが好きだな。マルシーニョ→宮城(66分)。マルシーニョお疲れ様。宮城は存在感出せるか。遠野がハーフスペースでボール受け始めてて良い予感。遠野が良い場所から仕掛けてシュートも枠捉えられず。惜しい。ジャッジに不満溜まる選手とサポ達。試合に集中しよう。

〜90分

遠野が積極的に仕掛ける。ドンドン行って欲しい。宮城の仕掛けもいい。今日は左サイド祭だ。ジャッジへのヘイトがドンドン溜まっている。集中してクリーンシートして欲しい。川崎のブロックを柏は攻めあぐねてる。ここ数試合目立つミスからの失点が出なければ問題なさそう。雰囲気的に川崎優勢なまま終盤。遠野のCKは夢がある。遠野→塚川(89分)。キッチリ〆よう。追加は5分。塚川体張ってマイボール。良い。受けに回らず相手陣地に押し込んで時計進める。良い。そのまま終了で勝点3。17→20。試合数多いが首位。

試合後

内容悪くないし良くもないがクリーンシートで勝ち切った事が大きい。試合の終わらせ方が良かった。さあアジア。

【蹴球】リーグ第7節(A) vs 磐田 2022/04/06

試合前

4失点敗戦から中2日。守備陣の変更は無し。連敗しない事が大事な試合で小林悠がスタメン。流石分かってる。今日は特に小林ゴールが見たい。ジョアンベンチ入りも大島は不在。やはり怪我なのか…?小塚はスタメンで見てみたいがスタメンは遠野。このあたりの采配は面白い。家長ベンチスタート。今日は内容よりも結果が欲しい。

試合中:DAZN観戦

〜15分 0-0 川崎保持も優位とまでは言えない

4-1-2-3の川崎と3-4-2-1の磐田。遠藤とか大津とか杉本とか今の磐田にいるんだな。立ち上がりから川崎積極性みせる。磐田で得点取ってるWBラルフ鈴木とのサイドの攻防は注目ポイント。知念今日も身体張ってて効果的。磐田も積極的にボール繋いでくるスタイル。握り合いになるのか。マルシーニョやはりよく見えてるし足元うまい。川崎の攻めの時間が長いが今日もハーフスペース絡めてない。ここの動きは遠野に期待してるが3バック相手だと難しいか。前節より勇気を持ってボールを入れているように見える。継続しよう。

〜30分 0-0 展開変わらず、攻めきれず

大きな変化はなく怖いシーンは作れないで時間は進んでいく。知念頑張っているがロングボールを収めることが出来ない。ボールは動いているが相手の嫌がる事が出来てない。逆に磐田に何度か形を作られ怪しい場面も。3バックベースのチームはやはり苦手か。

〜45分 0-0 展開変わらず、迫力不足

人を飛ばす斜めパスを積極的に狙っているが中々通らないが、徐々に左サイドからの崩しが出始める。マルシーニョドリブル突破が出来るスペースが生まれつつある。そしてマルシーニョのユニフォームがパンツインしてない。マルシーニョドリブル突破で惜しいシーンもオフサイド。橘田がショートパス以外も出せるようになってきた。しかし全体的には崩せてない。チャレンジは悪く無いが、小林知念が攻撃で目立たないのはやはり迫力に欠ける。家長不在でボールが止まる場所が無いから早い攻めしか無い。追加1分。そのまま前半終了。

〜60分

仕事の都合で観れず

〜75分

仕事の都合で観れず

〜90分

仕事の都合で観れず

試合後

悪くないが良くもない試合で先制されるのが今の強さ。こういう時に耐えきったシーズンは優勝出来てた。しかし内容ともかくラストでキーパーポロリを押し込んで勝点1にしたのは大きい。16→17。2位後退。頑張ろう。