【映画】ボヘミアン・ラプソディ

wiki

伝説のバンドQueenの伝記的映画。オープニングの後ろ姿はゾクッとするほど似ているが序盤は全く似ていないフレディーマーキュリーを見ることになる。ストーリーの組みたてもよいし、ボヘミアン・ラプソディというタイトルにふさわしい内容となっている。生きる力が落ちている時にものすごくパワーをもらえる。最後の20分間感動するという煽りが偽りないほど圧倒される。ドンドンパッ。傑作。

参考

【外部】『ボヘミアンラプソディ』の歌詞の和訳と解析!フレディの苦悩と生き様に涙!

【サッカー】FUJI XEROX SUPER CUP vs 浦和レッズ 2019/02/16 埼玉スタジアム

プレビュー

昨年シーズンダブルを食らった相手に対してどういう戦いをみせるか。去年は2戦とも攻撃が全くできずに完敗。そんな浦和は大型補強を敢行。各ポジションに代表クラスを補強し、監督も継続という事で大きな穴は見当たらず。

一方の川崎。基本的な戦力はいるが最大の課題はエウソンのいない右サイドバック。ここは新選手である馬渡、マギーニョというある意味計算できない選手の起用になる。昨年までだと右サイドは前に自由人家長がいる事で後ろの選手はより難しいタスクをこなす事になるが、果たしてどうするのか。個人的には序盤は守田を右サイドバックで起用するかと思ったが怪我をした事で無理はさせないかも。

明るい材料といえば去年全く攻めれなかった相手なので新しい武器であるダミアンと山村という高さとパワーを使った攻撃を試す絶好の機会とも言える。完成度の高さでは上回っているので、きっちり勝ってカップ戦の覇者となりたい。立ち上がりは気をつけて。

参考:
【サッカー】Frontale 2019年展望
【サッカー】リーグ12節 vs 浦和レッズ 2018/05/02 等々力陸上競技場
【サッカー】リーグ19節 vs 浦和レッズ 2018/08/01 埼玉スタジアム2002
【サッカー】FUJI XEROX SUPER CUP vs セレッソ大阪 2018/02/10

【サッカー】スタジム問題を考える

フロンターレの人気がすごい。スタジアムは常に満員。チケット完売も続く。ついにはシーチケすら売り切れた。そこで話題になるのがスタジアム問題。15年に26,000人収容にする第1期改修であるメインスタンド改修を行ったが、現状は第2期改修であるサイドとバックスタンド改修し早期に35,000人規模への改修を求める声が大きい。実際の所どうなのかを考えみた。

等々力陸上競技場は川崎市のもの

続きを読む 【サッカー】スタジム問題を考える

【サッカー】Frontale 2019年展望

総評:

去年は2連覇を達成したがACL、天皇杯、リーグ杯、スーパー杯と悔しい経験も多いシーズンだった。そんな中2019年のチームの目標は4冠と表明した。その目標に向かって十分な戦力補強をした。即戦力としてダミアン、山村、マギーニョ、馬渡。去年加入のカイオも含めるとACLやカップ戦で効果的な身体的な高さや強さで押し込める人材を集めたと言えるだろう。2018年モデルでは相手の陣地に押し込んでも崩しの最後が小林しかおらず、点を取りきれない試合が多かった。特に3バックをベースにされるときに打破することができな試合が多かったがその時のオプションがドリブラーしかいなかったのも事実。今シーズンは色々なポジションに高さという武器を入れることができるので鬼木監督の手腕の見せ所でもある。すべてのタイトルを取りに行くということで、去年に比べ早い仕上がりを目指すことになりそうだ。連覇をしているこの2年間はシーズン後半にピークを持っていくチーム作りをして功を奏しているので、その調整を変えるのは大きなチャレンジと言えるだろう。ACLで好成績を残すとリーグで低迷する。そんな歴史を変えるような結果を期待したい。

続きを読む 【サッカー】Frontale 2019年展望

【音楽】Pet Shop Boys

Pet Shop Boys(PSB) 19年ぶりの単独来日公演決定という事でPSBについて初めての人用にまとめておく。(2019/01/05)

PSBはニール・テナントとクリス・ロウからなるイギリス人ポップデュオで、ニールの哀愁漂う歌声とシニカルでたまに社会風刺な歌詞、クリスの作るポップでキャッチーな楽曲からなる。おとなしいダンスミュージックというかピコピコしすぎないピコピコ音楽。最近流行ったElectronic Dance Music(EDM)を昔からやってる愉快なおじさん達である。一番有名なGo West はカバー曲であり、この曲で好きになって収録アルバムVery を聞くと他のアルバムとの違いに驚く事になる。詳しくは wiki で。

予習用に聞くなら「Super」をベースに「Electric」「Yes」あたりを聴いて「PopArt」でPSBのポップと爽やかなジメジメが混ざった世界を知るのが良いと思う。余裕があれば歌詞を堪能して欲しい。

続きを読む 【音楽】Pet Shop Boys

【映画】マイ・ボディーガード

wiki

デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニング主演にトニー・スコット監督による骨太クリミナル・サスペンス。誘拐が多発するメキシコで元軍人がボディーガードになる。前半の心を閉ざした軍人と無邪気な娘の交流が素敵で徐々に心を開いていく姿がとても良い。怒涛の後半に観るものの気持ちを盛りたててくれる。男の生き様。良作。

【サッカー】鬼木監督の守備構築3年計画

2年目を終えた鬼木体制。3年目に向けて攻撃的なサッカーに植え付けた鬼木監督の守備とその先にある日本代表について考えてみた。(2019/01/02)

攻撃的なサッカー

フロンターレのサッカーは攻撃的である。「川崎の漢は攻めてなんぼ」というゲーフラが物語るように攻めてなんぼのサッカーである。

続きを読む 【サッカー】鬼木監督の守備構築3年計画

【映画】君の膵臓をたべたい

wiki

青春ノスタルジーの王道、儚い女子高生と当時を思い出す教師。ありきたりの設定ながら深みを持たせているのは主役のキャラ設定だろう。1人でいる人は強いのか弱いのか。そんな事を考える。人は死ぬ。そこを忘れてはいけない。良作。

【映画】キングスマン: ゴールデン・サークル

wiki

スタイリッシュ・アクション・コメディ・スパイ映画の2作目。あいかわらずの美しい調度品の中で行われるスタイリッシュなアクション。シリアスな場面でも笑いを織り交ぜるコメディ。エンターテイメントとして良い。良作。

参考:
【映画】キングスマン
【映画】裏切りのサーカス