【映画】君の膵臓をたべたい

wiki

青春ノスタルジーの王道、儚い女子高生と当時を思い出す教師。ありきたりの設定ながら深みを持たせているのは主役のキャラ設定だろう。1人でいる人は強いのか弱いのか。そんな事を考える。人は死ぬ。そこを忘れてはいけない。良作。

【映画】ランナーランナー

wiki

ジャスティン・ティンバーレイクとベン・アフレック共演の実在のギャンブラーのドラマ。学費を稼ぐために始めたオンラインカジノ。そこで不正を見つけて大手オンラインカジノの幹部になるも徐々に悪に染められていく。という分かりやすい話だけど面白くなりそうな感じなのに、ものすごく盛り上がらない。演技が悪いとか脚本が悪いんじゃなくて演出が悪いんじゃないかな。普通。

【映画】葛城事件

eiga.com

実際の無差別殺傷事件をベースにした犯人の家族の物語。登場人物全員異常なわけだが、最初からそうだったわけではない。幸せな家族を求めていた。獄中婚をする田中麗奈の矛盾が1番の地獄かもしれない。貧乏だからじゃない。どこでも起こる可能性がある。演者がとても良い。オススメできないが良作。

【映画】永い言い訳

wiki

男心を描く事に定評のある西川美和監督作品。妻を事故で亡くした時、不倫していた人気小説家が別の被害家族と交流する事で妻の死を受け入れていく話。悲しみを受け入れる事、自分の気持ちに気がつく事、自分が受けていた幸せ。全てを無くしてから時間をかけて全てに気がついていく。そんな心の流れをとても丁寧に描いている。心にしみる。良作。

【映画】奇跡がくれた数式

wiki

極めて直感的、天才的な閃きによりインドの魔術師と呼ばれた天才数学者ラマヌジャンの生涯を描いたドラマ。十分な教養がなかったため証明を知らなかった。そんな才能を大切にしたケンブリッジ大学教授との友情の話。余計な脚色もなく辛い時代も含めて淡々と描く人生が心にくる。邦題は合格。良作。

【映画】ダーティ・グランパ

wiki

妻に先立たれた祖父が大暴れするセクシーコメディ。ロバート・デ・ニーロがこんな下品なコメディに出るなんて!って思うぐらい意外な作品。堅苦しく生きる孫に生きる道を教えるためなのか、妻との約束を果たすためなのか、己のためなのか。とにかくデニーロが最高。普通。

【映画】とらわれて夏

wiki

ケイト・ウィンスレットとジョシュ・ブローリンの演技が素敵な人間ドラマ。脱獄犯との心に傷のあるシングルマザーの恋模様。監督の腕が試される設定であるが人間を描く事に評価の高いジェイソン・ライトマン監督の力を存分に感じられる。短期間で恋に落ちる部分は急だが濃密なシーンで理解させられる。邦題はわからなくはない。良作。

【映画】ゴッド・タウン 神なきレクイエム

eiga.com

フィリップ・S・ホフマン最期の主演作。タイトルと煽り文から復讐劇かと思いきや掃き溜めの街の日常を綴っただけの作品だった。治安の悪い街から抜け出せるものはいないし、外から来て馴染めるものもいない。主演の力でなりたった。邦題がすべての元凶。原題はただの街の名前。残念。

【映画】二つ星の料理人

wiki

ハングオーバーシリーズで有名なブラッドリー・クーパー主演。人としてクズだけど料理人としては天才な男が世界一のレストランを目指す。内容は特にひねりもなく悪いところもなく驚きもないが全体のバランスは悪くない。分子ガストロノミーが世界最先端になった時代、数年のブランクが天才を過去のものにする料理界のスピード感を感じた。邦題は合格。普通。

【映画】ロッキー・ザ・ファイナル

wiki

ロッキーシリーズ最終作。ロッキーシリーズはちゃんと観たことないんだけどそれでも名場面は覚えてる。そんなシリーズの締めの作品はとても分かりやすいメッセージを分かりやすく伝えてくれるドラマだった。難しいことはない。ひねりもない。だけどメッセージは伝わる。王道。個人的に気に入ったメッセージは「心は歳をとらないことを証明してみせて」。心の火を灯せ。評価は普通。