【蹴球】リーグ第23節(A) vs 浦和 2022/07/30

試合前

コロナの影響で2試合延期され、代表ウィーク、PSG戦をへて久しぶりのリーグ戦は川崎がコロナ感染の非常事態。紅白戦も行えない中、スタメンはSBを橘田と瀬古に任せて騙し騙しな感じだが、ベンチ5人でそのうち3人がGK。5人交代が普通になった時代にかなり厳しい。更に来週はカップ戦も始まり連戦になる。やれる事は少ないが落とせないカップ戦とリーグ戦をどう捌いていくか。試させる夏の連戦の始まりだ。

試合中:DAZN観戦

〜15分 0-1 立ち上がり以外は悪くない

4-1-2-3の川崎と4-2-3-1の浦和。酒井宏樹のサイズとパワーを橘田がどう対応するか?が立ち上がりから試されてる。開始から浦和のターンが続きそのまま崩され失点 0-1(3分)。守備が甘い。イマイチ落ち着きを感じないが脇坂起点に試合を作り始める。クロス、CKと雰囲気あるシュート行けてる。どっちの時間でもないこの空気のうちに追いつきたい。マルシーニョvs酒井宏樹が繰り返される。一回ぶち抜いて優位に立ちたい。脇坂頑張ってる。

〜30分 0-2 噛み合わないが流れは渡してない

川崎ペースになりそうな流れだったがシンプルに繋がれ失点 0-2(17分)。ジョアンの脇を使われるが急増SBだと厳しい。時間は悪いが形は悪くないので一点返して気持ちを楽にしたい。頑張れ。家長があと一歩で活躍しそうではあるが今の所失点シーン以外見せ場なし。飲水タイム(20分)。早いな。橘田は相変わらずSBの守備イマイチだ。守備に不安がある組み合わせだとジョアンの機動力の低さが目立っている。ダミアン前から行こうとするけど全体的にライン低くて圧をかけれない。ボール持たされる時間に。

〜45分 0-2 淡々と時が流れていく

ハーフスペース消されると一緒に消える遠野。ここで仕事出来るようになると嬉しいが。この時間で浦和は手堅い試合運び。ブロックが堅い。川崎は遊びボールがない各駅停車パスしか出せないまま時間が進む。マルシーニョに頑張ってもらうしか無いかなーって感じだけど、浦和もそこで来るんでしょ?って感じで待たれてるので意外性が欲しい。今の所何も起きなそうな展開が続いてる。瀬古の供給力に期待!と思ったら絶妙なパスを脇坂に供給。ゴール直前まで迫る。惜しい。行くぞ!ってなった途端にビルドアップミスからカウンターもソンリョン神。いつも神。ダミアンの落としから形を作りたいが全く作れない。展開がワンパターンだ。単調過ぎる。しかし今日は交代いないのでスタメンが奮起するしかない。頑張れ。

〜60分 0-2 淡々と時が流れ続ける

両チーム交代無しで後半開始。ダミアンはライン上げたがってるがあっという間に前半と同じ低さに。家長のクロスでいい形。家長頼むぞ。ジェジエウ谷口が相手陣地に入れる形が出始める。押し込んでいこう。ダミアンが4人に囲まれてるので手薄なサイドを使いたい。浦和ワントップの松尾が効果的で谷口イエロー。危ない。FK狙われるもソンリョンナイスセーブ。瀬古が右サイドで存在感出してきた。左トライアングルは元気無いので右で一回形作りたい。瀬古はアイデアあるが展開された橘田がアイデア不足。脇坂ナイスミドルは惜しくも外れる。積極性大事。

〜75分 0-2 徐々に雰囲気出始める

浦和が2枚交代(60分)したあたりで流れが変わり始め、脇坂を起点に形が出来始める。ダミアン、マルシーニョがボールコントロール出来れば!ってシーンが何度か出る。決定機まで持っていきたい。瀬古→マルシーニョで惜しいパス。瀬古いいぞ。マルシーニョミスは気にするな。そして飲水タイム(67分)。浦和更に2人交代(68分)。脇坂、瀬古、家長の右サイドが雰囲気出てるが家長に決定的な仕事して欲しい。左サイドはマルシーニョが1人で頑張るしかないので挑戦→失敗→カウンターの悪い流れ。マルシーニョ→宮城(72分)。強心臓宮城でどう変わるか。

〜90分 1-3 やりたい事はやれた

攻めの人数足りないけど運動量上げるわけにもいかないという辛い流れ。少人数でやりきる速い攻撃が出せないのでじっくり崩し切るしか無い。宮城が兎に角振り抜いてていい。脇坂頑張ってる。CKから決定機も家長枠を捉えきれず。惜しい。雰囲気あるぞ。遠野→山村(77分)。ダミアン、山村のツートップの4-4-2に移行。この変更で成功した事無いが、ない袖はふれないのでやるしか無い。上手くボール運べない中でも宮城迷いの無いクロスから溢れ玉狙った橘田倒されてPK獲得。いいぞ。キッカー家長落ち着いて決めて 1-2(81分)。冷静。勢いづきたい。浦和交代(82分)で浦和5-4-1に。それでも川崎押し込み雰囲気はいい。川崎ペースになっていたがスローインから走りきれて失点 1-3(86分)。うーん、疲労もあるがプレーをやめてしまったのはよくなかったなぁ。脇坂FKは良いボールも枠捉えられず。追加6分。クロス上げるのも辛くなってきた。諦めない家長のクロスからダミアンオーバーヘッドはGKに弾かれる。惜しいがカッコいい。脇坂スペース見つけてミドル狙うも枠外。そして終了。負けた!

試合後

厳しい環境で立ち上がりの悪さが致命的だった。試合前の喝が悪い方に出たのかな。この組み合わせでやったらこうなるだろうな、っていう予想を超えてくれたのは瀬古と脇坂。瀬古はSBで使ってもいいんじゃないかと思える出来だった。脇坂は連携悪い中で輝ききれなかったが試合を作ってた。あと強心臓宮城と万能山村は素晴らしかった。ダミアン疲労困憊だったが水曜日はどうなるんだろうか。勝点0で2試合少ないが5位後退。次はカップ戦。負けられない試合が続くがチーム状況は厳しい。踏ん張り所の夏の始まり。

試合後の鬼木監督
「ルールに沿って覚悟を持ってやっている。自分たちはGK(3人)をサブに入れたりしている。簡単に(試合が)延期になるのかなという思いは当然ある。今日のゲームは問題提起になるかもしれない」

分かる。13人揃ったからやったけどJリーグの質としてどうなのか。練習もできないで開催するのはどうなのか。チームは覚悟をみせてくれたので悔しいが満足はしてる。リーグも難しいとは思うが明確な回答をして欲しい。今年はW杯あるので延期日程が組めないパターンも出始めるころだし。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。