【蹴球】リーグ第17節(H) vs 札幌 2022/06/18

試合前

代表ウィーク明けで久しぶりのJリーグはホーム等々力開催。中断前3戦勝ちなし得点無しで終わっている中、鬼さん何を仕込んだか。怪我人の大島チャナティップが復帰即スタメン。メンバー表だとフォーメーションすら分からないこの感じ。楽しみしかない。ワクワク。少し考えたが3バック?と思ってもWB的な役割出来るのをCBで使い切っちゃうから違うし。ボール運びの上手いSBを使いたいのか。登里の不在が大きいのかな。何気に知念スタメンなのが驚きだったりする。どんなタスクなんだろ。

試合中:現地観戦

〜15分 0-0 持ち味出し合う魅力的な時間

4-1-2-3の川崎と3-4-2-1の札幌。札幌はマンツーマンなので前向くのが上手い選手並べたのかな。相手の一番取りたい場所に一番上手い大島を置く事で優位に進める感じか。そして橘田に勉強させるも兼ねてる感じ。信頼度高い10番様。札幌もボールに来るが川崎の構成力のほうが上回っている時間。とはいえボール回せてる程度で五分五分。橘田大島チャナティップが小さく見える。ビルドアップはだいぶ練習した感じ。攻守切り替え早く見応えある試合。流石ミシャのチームだ、いつも楽しい。

〜30分 0-1 密度の高い好ゲーム

川崎のビルドアップに慣れてきたのか札幌の守備の安定度が増す。川崎は崩しどころを探す時間に。一方札幌も同じように攻めどころ見つけられず、こう着状態。大島起点で細かく繋いで相手ゴールに迫る。大島の動きをずっと追ってしまう。上手い。今日はショートパスも裏も織り交ぜてていい。WG頼りのサッカーじゃない。しかし何度か危ないシーン作られてる。橘田サイドが突破されるシーンが多い。密度の高い良い試合。と書いた途端にスピードに乗った攻撃を止めきれず失点0-1(28分)。ちょっと不運だが後手になったのも否めず。焦れずにいこう。

〜45分 1-1 好ゲームは続く

持ててはいるが攻めれてはいない。知念スタメンの理由が分かるパフォーマンスはまだ見れていない。前線に収まる場所が欲しい気もするし、今のスピーディな攻撃も良い気はする。今日はサイズが無いので如何に崩し切るか。川崎の守備が全体的に消極的で受け身になってるのが気になる。今日も家長は効いてる。脇坂遠野のIHにもう少し見せ場を作って欲しい。チャナティップはWGだと違いを出せる感じじゃない。もっと密集地帯で輝きそうだが遠野WGよりはいいか。左サイドからボール繋いで完全に崩して家長同点弾1-1(41分))。良い時間にとれた。ドンドンいこう。雨が強くなってきた。右サイドの安定感は攻守共に高い。同点のまま前半終了。好ゲーム。

〜60分 1-1 五分五分の戦いは続く

両チーム交代無く後半開始。チャナと遠野が配置変わったか。最初のCKでスタンド煽る脇坂。この時間は珍しい。後押しはいくらでもするぞ。橘田がちょっと登里っぽい。チャナ遠野橘田の左サイトは相手が大きいのもあってトップスピード乗られると止めきれないので早めの対処を。家長が中に絡む事でボール回しが今日も滑らかに。脇坂大島が目立ち始めた。ここで知念負傷で小林と交代(56分)。重傷では無さそうだか。札幌も交代。脇坂のセットプレーは夢がある。札幌は激しくきてカード連発。怪我はしないで欲しい。

〜75分 2-2 見所溢れる好ゲーム

大島がずっと上手い。受け方、交わし方、運び方、全部上手い。川崎のボール繋ぎが相手のプレスを越え始めてはいるが相手のロングボールも油断出来ず、互いに信じた道を進んでて面白い。スリッピーなコンディションが何か起こしそう。CKから札幌追加点1-2(66分)。福森のキックは上手いなぁ。良い流れを掴めそうな時間だったので残念な失点。盛り返そう。内容は悪くないが先手を取られる展開は辛いなぁ。と思ったら混戦をボレーで叩き込む小林悠2-2(69分)。リーグ初ゴール。この男のゴールは盛り上がる。直後のピンチはソンリョンが神。今日はビルドアップにも貢献するソンリョン。大忙し。遠野も中に入って左WGいない。チャナ→マルシーニョ(73分)。札幌も交代。西大伍だ。守備が受け身なのは変わらずで危ない。

〜90分 5-2 等々力劇場

大島が憲剛のようだ。パスの供給力半端ない。川崎疲れたか急に守備が緩くなる。遠野→ダミアン、脇坂→ジョアン(80分)。大島残して一列あげる。違いを出せる男。点取ろう。家長大島コンビは止められないな。ワクワク感がすごい。相手ビルドアップにダミアンプレスをかけると乱れた所を小林押し込んで逆転3-2(86分)。最高過ぎる。小林魂の叫び。熱い。再びビルドアップにプレスかけて崩した所を家長流しこんで追加点4-2(89分))。家長大喜びでこの試合にかけるものを感じる。熱い。追加6分。危ないシーンもソンリョンが神。ソンリョン不動の守護神なの納得だ。札幌の攻撃に全員守備で耐える。ジョアンの高さは魅力的だ。最後の最後にマルシーニョがカウンターから1人でやり切って5-2(95分)。盛り上がったまま終了。

試合後

最高に楽しい90分。中弛みのない密度の高い時間を楽しめた。大島は別格だと再認識。小林のゴールは熱すぎた。家長も良かった。チャナはまだまだ勉強必要。鬼さんの采配ずばり。点を取りに行って取りきったのはデカい。勝負所で形を変えるんじゃなくてやりたい事をやる方向の采配だったのは意志を感じた。勝点3。30→33。3位キープ。気持ちいい勝利だった。

失点シーンの振り返りで仕方ない部分と捉えるんじゃなくて自分が甘かったと認識している大島が頼もしかった。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。