【蹴球】リーグ第14節(A) vs 鳥栖 2022/05/21

試合前

5連戦3戦目。最終ラインは変更せず。攻撃陣はRWG家長は固定。LWGは宮城はベンチにもおらずスタメンは小林か?瀬古がIHで使われそう。好調維持の脇坂の場所にはこちらも調子良さそうな小塚。結果残したいメンバーで溢れる攻撃陣はどんなサッカー見せてくれるのか楽しみ。成長&勉強中の佐々木が今日の組み合わせでどんな風にプレーするのか注目。昨年からメンバー大幅入れ替え監督も変わった鳥栖のサッカーはどんなもんだろう。

試合中:DAZN観戦

〜15分 0-0 質の高いせめぎ合い

4-1-2-3の川崎と3-4-2-1の鳥栖。立ち上がりから両チーム仕掛ける。鳥栖のWBが活きがいい。鳥栖はボール保持者に詰めるのが早い。攻守切り替えが両チーム早くて質の高いサッカーが見れそうだ。バチバチやってるけどファールが無くて良い強度の試合だ。川崎の守備が相手の形にまだフィットしてない感じ。5レーン守れる3バック相手にどう攻めるか。今日も家長のアクセントが目立つ。ジョアンと小塚という展開作れる2人が今の所良さを消しあってる。小塚はプレーメイクよりチャンスメイクに注力した方がいいのでは。瀬古目立たない。鳥栖の守備はよく整備されてる。選手も監督も変わったのに練度高い。

〜30分 0-0 鳥栖のほうがやりたい事やれてる

両サイト共、互いの意地がぶつかり合って見てて楽しい。今までの所、川崎は攻撃陣で目立つ人がいない。即時奪回から攻める間に鳥栖も切り替えてくる。両チーム共、良いチームだ。ドリブルで局面崩せる選手が居ない中でどこでこのこう着状態を崩すのか。小林が守備要員になってるのが勿体無い。鳥栖はロングスロー持ってる。ボール切る場所も考えねば。鳥栖の守備からのカウンターがとても滑らか。セットプレーも含めてまだ守備がハッキリしてない印象。ふとしたタイミングで失点しそう。攻撃に迫力が無いので鳥栖が強気で攻めてくる。うーん、IH頑張れ。連戦休みない守備陣が後半裏抜かれそうな消耗具合。瀬古は良くも悪くも練習通りって動き。今の流れなら展開なら変化がみたい。

〜45分 0-0 切れ目ない拮抗した展開

小塚が徐々に顔出してきてる。なんとかしようという意図があっていい。鳥栖は飛ばしてたので流石にペースダウン。けど局面ではサボらない。良いチームだなぁ。ちょっと攻撃が丁寧というか単調なのでダミアンの様な強引にシュートで終わるプレーが欲しい。互いにボールはカット出来るがその後続かない。形を崩さない対決。知念強引に行かないかなぁ。こういう流れでワンチャン狙う小林悠は流石。今日のプレーなら知念と小林入れ替えたくなっちゃう。ジョアンは幅守れるようになってきてる。成長してるなぁ。追加1分もそのまま終了。後半の鬼さん采配が気になる前半だった。

〜60分 0-0 切れ目ない拮抗した展開

小塚→マルシーニョで後半開始。意外な交代だが瀬古はチャンスを活かして欲しい。知念RWG、家長IHで小林CFという納得の変更。ジョアンはワクワクさせてくれる。立ち上がりは改善されてるように見える。いいぞ。ドンドン行こう。しかし守備の部分は相変わらずズレがあるというかついていけてないのが不安。押し込む展開に持っていきたい。家長頼もしいんだけど、チームとして依存度がどんどん高くなってるのは良く無い傾向。スペシャルな選手ではあるけど。ただ今シーズンは脇坂がその代わりを務められそうなパフォーマンス出してるので今日も点取り行く時間で出てきそう。そこまでに瀬古の存在感を感じたい。小林はずっと良い仕事してるのでゴール見たい。小林のゴールは特別な感情になるぐらい好き。

〜75分 0-0 徐々に鳥栖ペース

なかなかマルシーニョの味が出せない。サイドの絡め方は鳥栖の方が上手いな。知念→ダミアン、家長→橘田(61分)。4-2-1-3でトップ下瀬古。瀬古アピールチャンス。小林RWGだけどこの構成ならゴール前絡めそう。ダミアン早速強引にシュート打って流れを持ってくる。流石だ。鳥栖FW交代(67分)。川崎CKの数が増える。拮抗してる中でセットプレー大事にしたい。同じプレスしてもダミアンのサイズだと迫力が違う。ダミアンプレスから川崎が奪う機会が増えてる。リズム作っていきたい。と思った矢先にワンパスで大ピンチ。懸念した展開。気をつけたい。瀬古初見せ場。奪取能力とサボらない所を見せた。そして再び崩される。あの形は良くないぞ。

〜90分 0-0 鳥栖ペース

懸念した通り守備陣の裏狙いに反応しきれなくなってる。小林→遠野(77分)。WG遠野はあんまり良い形見た事ないけど、どうか。そしてまた裏狙われて谷口イエローで止める。危ないぞ。VARでレッドか確認中。この流れは経験上DOGSOレッドだが。結果やはりレッドで退場。説明を求めて時間を稼ぐキャプテン。展開的に仕方ない。谷口退場、瀬古→山村(83分)。上手くいってる鳥栖はやる気になるだろうが、どう試合をコントロールするか。鳥栖攻撃選手交代(87分)。川崎重心下げた。割り切って耐え切る選択。さぁ頑張ろう。追加5分。鳥栖が攻め急いでくれてるのでカウンターチャンス。遠野良い位置でFKゲットも決めきれず。やっぱり遠野は中で輝くね。1人で推進力出せるの強い。川崎が押し込む展開になった。じっくり攻める。橘田の機動力はこういう展開で助かる。そのまま終了。

試合後

試合が切れない密度の高い内容。勝点1は妥当かな。前半で想像した悪い予感が当たったのは残念。結果出したい陣でアピール出来たのはジョアン、小塚、小林か。数字残したかったがこの展開で頑張った。谷口のDOGSOはなんか見慣れてきたが、そういう展開になってる事が問題なので谷口を責めれない。連戦中はこんな試合もある。むしろクリーンシートを続けてる事を評価したい。鳥栖はとても良いチームだった。勝点1で29→30。首位キープ。次は点を取ろう。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。