【蹴球】ACL GP第3節(C) vs JDT FC 2022/04/21

試合前

リーグ首位のジョホールとの対決はスタメン組で挑む。知念スタメンでベンチに永長。家長は今日もベンチ外。ピッチも試合時間も変わって中立地開催のはずが完全なアウェイという環境。相手に有利ではあるがこういう試合に勝ってこそACL。さぁ、勝とう。

試合中:DAZN観戦

〜15分 0-0 互いの味出る立ち上がり

4-1-2-3の川崎と3-1-4-2のジョホール。ピッチが綺麗でやりやすそう。川崎やや積極的な立ち上がりだが、ジョホールの5バックは堅そうで前からハメたい。ボール回しがここ2戦より速いが引っかかってリズムが出ない。知念前プレスからチャンス。続けていこう。マルシーニョが今日もストロング。左サイドから良い攻撃をしている。首位ジョホールもしっかり持ち味出してる。

〜30分 0-0 川崎ペース

アンカージョアンが上手く立ち振る舞っているが連れ出された時にミスると危なそう。ジョアンの左への展開が効果的。惜しい所まで行ってるのでこの時間に一回決定機作りたい。個の力でいうと川崎の方が上な感じが要所要所で見える。ジョホールは外国人FW任せの攻撃で厚みは無い。一発系なので油断禁物。相手の形になれたのか安定感とゆとりが出てきた。ジョアンからマルシーニョの形がまた炸裂も決定機までは行けず。良いリズムになり始めてる。

〜45分 0-0 両者拮抗

流れ掴めそうなタイミングで飲水タイム。マルシーニョ中心に左サイドから可能性を感じるが最後のところを突破できない。リズムは悪くない。ジョホール4バックに変更。攻めきれない時間が続くとジョホールがミドルシュートから単発攻撃を仕掛けてくる。両チーム拮抗した感じになり追加2分。悪くないけど形つくらせて貰えないし、相手のやりたい攻撃をやり切られてるのはちょっと印象良くない。

〜60分 0-0 がっぷり四つ

両チーム交代無く後半開始。ジョホールは引き続き4-2-3-1。ダミアンを使う形が出せてないので一度作っておきたい。立ち上がりは川崎が積極的にボール動かして仕掛ける時間に。中心は左サイドのマルシーニョ。結構激しく行っても許容するレフェリング。CKから惜しい形。がっぷり四つに組んでしまってるのでセットプレー大事にしたい。ロングとショート織り混ぜてるけど相手の形を崩せない。攻められる雰囲気も無いが攻めきれる雰囲気も無い。

〜75分 0-0 こう着状態もやや川崎に流れが

遠野→脇坂、山村→車屋(61分)。流れがどう変わるか。知念気持ち入ってるがちょっと熱くなってるかな。球際激しくジョホールとファール取らないジャッジに全体的にイライラ気味の気配だがコントロール出来てそう。こう着状態の中、ダミアン意表をつくロングシュート。面白い。佐々木も高い位置で絡み始めていい。流れを掴みそうな時間。

〜90分 0-0 流れ掴む所までは行けず

引き気味だったジョホールが前からプレスを仕掛けるシーンがでる。勝ちに行くのか分けを受け入れるのか両チームの考えが出る時間帯。どうするか。ジョホールは選手入れ替え攻撃的な感じに。前に出てくれるなら攻める穴が出来るので上手く使いたいがジョホールの勢いに押され気味。マルシーニョ→宮城、ダミアン→小林(84分)。CFは知念。両WGが元気になったので何か起こりそう。追加3分。車屋ロングボールに小林が気持ちでシュートまで持っていく。カッコいい。しかしそのままスコアレスドロー。

試合後

勝てそうな感じもあったが引き分けは妥当な結果。中2日で同じ相手とやる難しさもある采配だったか。次の戦いでスッキリ勝って首位に立ちたい。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。