【蹴球】リーグ5節(A) vs 広島 2022/03/19

試合前

広島新家督は何やってくるのかな。初先発小塚は魅せてくれるかな。

試合中:DAZN観戦

〜15分 0-0 様子見vs様子見

4-1-2-3の川崎と3-4-2-1の広島。受け身な広島に攻め気な川崎の立ち上がり。小塚よく見えてそう。期待。川崎の攻撃を凌いだ後は広島の時間。広島は攻撃に迷いが無い感じで思い切りがいい。互いに即時奪回はさせない丁寧に攻守入れ替わる展開。橘田受ける場所が上手くなった。効果的。小塚はプレーメイカーとしてセンス感じる。川崎のブロック作る守備は硬いが広島はキッチリ崩して大ピンチもギリギリクリア。広島しっかりしたチームだ。

〜30分 0-0 落ち着いたせめぎ合い

裏狙われに上手く対応し始めた佐々木。アンカー気味の小塚が小気味良い。悪く無いが最後の一個前の精度がイマイチ。続けていこう。ボールに強く来ない広島相手にボール持てるが中々崩せない。堅さは感じないが攻めどころも感じない。ガンバ戦に続いて組織vs組織な内容で楽しい。川崎も広島も落ち着いてプレーしてる。

〜45分 0-0 やや広島ペース

ダミアンのマッチアップが増えてきたが中々ボールが収まらない。互いに流れに乗れないミスしたく無い展開。どっちもギア上げる事なく前半終わらせそうな雰囲気。互いに崩せないが広島の方がシュートで終わる分印象が良い。広島のターンが増えてきた。谷口今日もかっこいい。広島の裏を狙うのは継続出来てて良いが形は作れないまま前半終了。

〜60分 0-0 やや川崎ペース

両チーム交代なく後半開始。立ち上がり川崎が仕掛ける意思を見せる。前半よりハーフスペースを使おうとする意図を感じる。マルシーニョ気持ち入ったプレス。いい。川崎即時奪回に対し広島も即時奪回。得点のためには全体的にもう少しラインを上げたい。前半より攻守切り替えが多く試合が動きそうな時間帯。

〜75分 1-0 せめぎ合い

川崎が良い形を作ろうとする場所を広島がよく押さえてる。流れが作れないので、小塚→大島、ダミアン→知念、マルシーニョ→宮城(65分)。攻撃ユニット変更でさぁどうなる。前線からのプレスは組織的になってきたが特に大きな変化なし。スコアレスドローな試合展開。こんな展開の時はCKだ、と言わんばかりに何の雰囲気も無い大島のCKからOGで先制1-0(73分)。キッカーを脇坂から大島に変えて成功。

〜90分 2-0 せめぎ合い

脇坂→遠野(77分)。攻撃的に行く鬼さんらしい采配。しかし流れはパワーをかけて攻めてくる広島ペース。崩されはしないが事故りそうな予感がするプレーが多い。家長→小林(82分)。橘田の完璧なパスを宮城合わせるが得点にならず。良い形。川崎は試合を閉じる感じのテンション。小林の守備は今日もしっかり。こぼれ球に反応した小林シュートは惜しくも枠外。惜しいがちゃんとシュートまで行ってるので良い。流れが出来つつある押し込む時間帯に知念のミドルのこぼれ球を山根が決めて2-0(88分)。やはりシュートは流れが生まれる。小林のゴールが見たい。こういう展開の時の試合運びはだいぶ安心できるようになった川崎が感慨深い。追加時間4分も無難に過ごし勝点3。13→16で首位キープ。

試合後

川崎ペースになる事もなく広島にペース握られる事もないせめぎ合う時間が多かった試合。そんな中で焦れる事なくミスもなくしっかり90分戦えたのは素晴らしい。CKが起点だったが2点目含めると勝ち試合か。気持ちを見せるというより質の高さをしっかり見せるような試合内容だった。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。