【映画】ヒトラー 〜最後の12日間〜

wiki

ヒトラーの人間性を描いた作品。ドイツにとっての闇の部分であるヒトラーについてドイツ人がドイツ人スタッフ達と作った事でとてもリアルな作品になっている。キレっぱなしと思わせておきながら青年兵士に優しい言葉をかけたり、そうかと思えば2万人の若者の死に対し「若者の義務」と言い放つ。そんな自分なのにものすごく頼りにされている。なお激昂するシーンは動画サイトで「総統閣下シリーズ」として世界中で大人気である。邦題は合格。良作。

あわせて観たい:
【映画】帰ってきたヒトラー

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【映画】ヒトラー 〜最後の12日間〜」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です