【映画】セッション

wiki

「才能と狂気」というふれこみ。若き才能あるドラマーと狂気とも言える厳しい指導をする指揮者。登場人物も少なく映画も106分で終わるコンパクトな作品。だが、そこに込められた熱量は凄まじい。終わり方が最高。邦題は悪くない。良作。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です