【蹴球】リーグ2節(A) vs 鹿島 2022/02/26

試合前

前節敗戦から中2日の鹿島戦。内容は改善してきているので連敗しない戦いを期待したい。初先発小林に期待。

試合中

15分 1-0 川崎ペース

4-1-2-3の川崎と4-4-2の鹿島。良いスタートを切った川崎は知念のプレスで鹿島のミスを逃さず知念ゴールで先制1-0(5分)。その後も押し込んでチャナティップのシュートから知念合わせるも決めきれず。押し続ける川崎。追加点欲しい。

30分 2-0 川崎ペース

押し込み続ける中でCKから佐々木が完璧に合わせて追加点2-0(17分)。おめでとう。捻りのない4-4-2の鹿島は出口が無さそう。佐々木が効いてる。ずっと押し込んでるけど得点の匂いは減ってきた。

45分 2-0 川崎ペース

流れ変わらず攻め続ける川崎。今日はボールが繋がる。ややペースダウンした川崎相手に鹿島がボール保持するが特に出口が見えない繋ぎで怖くない。怖くないので再び川崎が主導権握る。3点目は取れないまま前半終了。良い。

60分 2-0 鹿島ペース

鹿島は2枚替え。それでも川崎ペース変わらず。佐々木がやはりいい。形を変えてきた鹿島がリズム出てきて、川崎は付き合うようにリズムを崩す。川崎も合わせるようにダイアモンド型4-4-2対決に。それでも距離感は鹿島好みなのでやや鹿島ペースに。

75分 2-0 やや鹿島ペース

チャナティップ→遠野(62分)。遠野の仕掛けあたりから鹿島の勢いが止まる。ボールを保持して流れを変えても良い気がするが、なんかハイテンポを崩さない。お疲れ佐々木を登里と交代(74分)

90分 2-0 鹿島ペース

リズムが悪い川崎は知念→ダミアン、脇坂→塚川(80分)。大きな変化は無いがダミアンの存在感は大きい。良く無いながらもボール保持して試合を閉じ始める。鹿島はドンドン放り込む。単純なので怖くは無いが事故る確率はあるので流れを断ちたい。そのまま終わって勝点3。3→6。

試合後

前半30分までの質とその後の時間の質が大きく違った試合。負ける要素はなさそうな内容であったがもっと良い試合が出来たはず、という気持ちの方が強い。形を変えながら無失点で終わらせたのはポジティブ。知念と佐々木の活躍が良かった。中2日と中6日の戦いでよく勝った。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。