【蹴球】FUJIFILM SUPER CUP 2022

総括

復習して改めて、守備を構築して倒しに来るチームをどうするか?が問われた試合だった。浦和はカップ戦勝利を、川崎は新戦力の組み合わせを試す意図が強かった様に見えたが今年はこういう試合は増えるだろう。前回の3連覇を目指した時と同じ状態だ。川崎は「4-1-2-3で攻めてくる」前提の対策を練った守備的な相手に試合の中である程度対応していたが最後にしっかり守られた時のパワープレーはやはり不安が残る。何せ有効なカードがあまり無さそうだから。
ポジティブな部分は厄介な相手である浦和がリーグ戦前に手の内を見せてくれた事。一方川崎は特別新しい事を見せなかった。最後に笑える様に今日の試合を糧にしていこう。

公式記録

観戦記

試合前

選手にコロナ陽性者が出る中で選ばれしスタメン。ジョアン大島脇坂トライアングルの試合コントロールに注目。

試合中

〜15分 0-1 浦和ペース

4-1-2-3の川崎と4-1-4-1?4-1-2-3?4-4-2?な浦和。シーズン前らしく大人しい立ち上がりだと思っていたらダミアンはやる気満々プレス。そうだ全部勝つ気持ちが大事だった。収まりどころが無い中でこぼれ球から繋がれ失点(6分)。まあ、焦らず行きましょう。浦和の守備に完全にハマってる。両WGが全く使えず余ってる。今年注目のプレーメイカーの仕事が期待させる展開。

〜30分 0-1 やや川崎ペース

大島と脇坂が苦しい位置でもボールを受けて散らす様になり川崎ペースを戻す。浦和は飛ばし過ぎだったのでペースダウン。しかしその後は相手陣地で停滞。ジョアンのワイドなパスが出始めてるのはいい。当たり前だかチャナティップがハマってないし守備がフィルターの役割を果たしてない。単発カウンターからチャンス作るが流れを掴む所まではいけない。

〜45分 0-1 浦和ペース

川崎の攻撃の対応力より浦和の守備の対応力の方が上回っている。浦和の守備がいい。酒井宏樹に攻守共に活躍されてる。CKからピンチもある。浦和の守備にハマってスピードアップどころかボールが動かなくなってきた。無理に動かすとカウンター。流れが良く無い。ダミアンの守備に誰もついていけなくなってきてダミアン不満アピール。ズルズルいってる。飲水タイムで誤魔化してた修正力の低さが露呈してる。‪こういう展開でもメッセージあるパスを出して徐々にゲームを作った中村憲剛が希代のプレーメイカーたる所以。後継者達よ、がんばれ!‬

〜60分 0-1 静かなる拮抗

ジョアン→マルシーニョ。故障じゃなければ序列は低いままだなジョアン。チャナをIHで大島が主にアンカーか。大島が受ける事でボール保持できる様になったが大島にそんな負荷かかるポジション任せていいのかは疑問。浦和は守備はいいが攻撃は酒井宏樹がのびのび上がって来なければそれ程圧力ないのでマルシーニョが頑張って抑えてる間は大丈夫そう。攻撃はあとひと閃き必要。

〜75分 0-1 静かなる一進一退

マルシーニョが酒井宏樹を超えられ無いので左サイドが活気づかない。大島がたまに閃き見せてきた。ジワジワと攻めてはいるがカウンターもちょいちょい食らうという一進一退。押し込むにはどこかで優位性を持ちたいがそれがない。停滞した空気を変える交代(70分)。脇坂→瀬古。ダミアン→知念。見せどきだ。

〜90分 0-2 浦和ペース

大きな変化が見られない中でチャナティップ→小林。点とるフォーメーションで前がかりになれるか。まずはシュートを打って欲しい。と思っていたらカウンターでキッチリ失点0-2(80分)。車屋が競り負けた時点で終わってた。ジェジエウ不在が攻守に見え隠れする。大島→塚川。展望で指摘したボール保持させられた時の高さとパワーが必要な時にどうするか問題がまざまざと見せつけられてる。シュート打てぬまま完敗。

試合後


試したい事は試せたけど、やりたい事は何もやれなかった印象。一方浦和はメンバーが大きく変わる中で良く戦術を落とし込んでると思える守備だった。攻めてこない相手にどうなるかは疑問だけど穴の無いチームに見えた。川崎は骨組みは良いけど飛び道具が不足してる。ドリブル突破や閃きのあるパス回し。ここいらは徐々に連携高まっていくかな。今日は完敗!

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。