【蹴球】2022年シーズン展望

展望

2回目の挑戦となる3連覇と初戴冠を目指すACLを2大目標にあらゆるタイトルを目指すシーズン。3連覇に向けての進化の方向性としては「スピードアップ」だそうだが、これは今までのサッカーの正統進化であり世界的なトレンドに乗っており納得感がある。4-1-2-3が基本路線だと思うが4-4-2や変わり種として3-4-3などの挑戦もありそう。どんなサッカーになってもリーグは主役を張りそう。序盤で波に乗りたい。

ポイント1:ゲームコントロール

個人的なポイントとしては逆説的だがスピードアップし過ぎ問題をどうするかだと思う。去年も一昨年もあまりゲームコントロールは出来ておらず、交代で入った選手たちがスピード上げて点を決め切ったから勝った試合も多い。そんな中で期待するのはプレーメイカーとして大島、脇坂の2人。ゲームのスピードを下げる事ができる2人がどこまでコントロール出来るのか。大島はフルシーズン戦う所、脇坂は14番としての存在感あるプレーがみたい。

ポイント2:パワーと高さへの対応

近年の補強ではACLで良くやられるパワーと高さを使ったサッカー対策でフィジカルバトルに強い選手を取っていたが今年は控えめ。ACLだけでなくリーグ戦でも3連覇を目指すチームに対し、割り切ったサッカーをされた時に攻守共にパワーと高さの部分を攻め切れるのか?守り切れるのか?は結構大きい。こういう形の取りこぼしをどこまで減らせるのか。そういう形にならない様に鬼さんは何をするのか。注目したい。(追加で入った192cmの高校生高井幸大の英才教育は期待してる)

戦力評価

戦力に関しては入ってきた選手も出て行った選手も驚きなく妥当な印象。上記した通りパワーと高さの部分は気になるが技術とパワーのある松井蓮二、瀬古樹、佐々木旭のフィットと1番の驚きだった残留してくれたジョアンに期待したい。目玉のチャナティップはIHかLWGか分からないが大島と同じでトップ下が似合うと思っている。ここいらへんもフォーメーションの変化に繋がるかもしれない。

GK

キョンテが去り、大卒早坂が加入。ソンリョンが1stチョイスは変わらないが10年勤めた菊池コーチが退任し新たに高桑コーチが就任。GKの選択肢やプレーがどう変わるのか楽しみである。

GK

1. ソンリョン #1
2. 丹野 #27
3. 安藤 #21
4. 早坂 #22

DF

ジェジエウが怪我で前半戦不在の中をどう戦うか。山村は昨年終盤の失点に関与する事が多かったのでボール奪った後のプレーの成長には期待したい。個人的には田邉を見てみたい。塚川は怪我なくシーズン無事に過ごして欲しい。

LCB

1. 谷口 #5
2. 車屋 #7
3. 佐々木旭 #15
4. ジョアン #6

RCB

1. ジェジエウ #4
2. 谷口 #5
3. 山村 #31
4. 塚川 #3

LSB

1. 登里 #2
2. 田邉 #30
3. 佐々木 #15

RSB

1. 山根 #13
2. 瀬古 #16
3. 佐々木 #15

MF

旗手の穴は大きいが大島の復帰と計算できそうな瀬古、チャナティップ、新14番脇坂がいるので問題ない。小塚がボール非保持のプレーの質が高くなると面白そう。アンカーの切磋琢磨が一年通して楽しそう。松井は碧っぽさ感じるのでIHもあるか。

DMF

1. 橘田 #22
2. ジョアン #6
3. 塚川 #3
4. 松井 #25

LIH

1. 大島 #10
2. チャナティップ #18
3. 小塚 #17

RIH

1. 脇坂 #14
2. 瀬古 #16
3. 松井 #25

FW

顔ぶれは変わらないがボールの出し手としてチャナティップと大島がいるので小林は喜びそう。昨シーズン覚醒の予感を感じさせた知念がどうなるのか。ダミアンは今年も得点王争いする活躍出来るかがチームの浮沈に直結するので怪我なく安定感出して欲しい。

LWG

1. マルシーニョ #23
2. チャナティップ #18
3. 宮城 #24

RWG

1. 家長 #41
2. 小林 #11
3. 遠野 #19

CF

1. ダミアン #9
2. 小林 #11
3. 知念 #20

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。