【サッカー】講義:ポジションとは(入門)

まずはこちらを読んでから:
【サッカー】講義:ポジションとは(前提)

主なポジションの場所と期待される事を表にしました。実際は今あまり使われないポジションもあったり、違う役割もあるけど、まずはこんなイメージを持っていれば良いと思います。

ちなみに4-4-2とか3-5-2というのは

[ DFの数 ] – [ MFの数 ] – [ FWの数 ]

を表しています。

最近だと4-2-3-1とか3-3-2-2とか書く事もありますがこれは

[ DFの数 ] – [ 守備的MFの数 ] – [ 攻撃的MFの数 ] – [ FWの数 ]

を表しています。

表の下に具体的な例をいくつか書いています。日本語で呼ばれるポジションも記していますが、どこのエリアにいるかを考えると以下の基本的な説明のプレーやその付近も含めたプレーが期待されていると考えて問題ないと思います。

分類 略称 正式名称 主に期待される事
GK GK Goal Keeper 最後の砦。失点を防ぐ。守備陣に指示をだす。手を使える。最近はボールをつなぐ起点としても期待されている。攻1守9。
DF CB Center Back GKの前にいる守備の人。守備陣に指示を出す。相手の攻撃をはじき返す。守備ラインをコントロールしてオフサイドを狙ったりする。攻撃の起点にもなる。攻1守9。
SB Side Back サイドの守備を担当する。攻撃時には数的有利を作るために攻撃に参加する。ボール奪われたらすぐ戻る。攻守ともにSHと連携する。走力と判断力が必要。攻4守6。
MF WB Wing Back サイドバックよりポジションが前になっているが、役割はサイドバックと一緒。こちらの方が一人でサイド全般を任せられがちなので運動量が必要。攻5守5。
SH Side Half SBとともにサイドを制圧する。ボール回しに参加するために中にいったりする。攻6守4。
DMF Defensive Midfielder CBの前で相手のボールを奪う、CBが跳ね返したボールを拾う、攻撃に繋げる。守備をメインとする。ボランチと呼ばれがち。攻4守6。
CMF Central Midfielder その名の通り真ん中を支配する。攻守ともにできる人がなる。攻守のセンスとGKのロングボールに競れるサイズも要求されがち。攻5守5。
OMF Offensive Midfielder CFの下にいる。トップ下。スルーパスとか期待される。攻撃担当。現代においては守備力が必要。攻7守3。
FW WG Wing サイドの最も攻撃的な人。昔はサイドをドリブルして真ん中にクロスをあげる人だったが、最近はSHとほぼ同じ。攻8守2。
ST Second Top 点を取る事とチャンスメイクを期待される。シャドーストライカーと呼ばれる。俊敏なタイプが多い。大柄なCFが落としたボールに詰めて得点をとる。攻8守2。
CF Center Forward 相手ゴールまで得点を取ることが評価の全て。実際はMF達が飛び込んでくるスペース作ったり、ロングボールを保持したり、最近は守備の始まりとしての期待される。攻9守1。

だから僕はここを見る

自分の応援するチームがどういう期待を持ってそこのポジションに置いているのかを考えて観ています。そこには監督のメッセージがあるので。左SBと右SBは同じSBなんだろうか?中盤の二人はボランチなのだろうか?DMF + DMF?DMF + OMF? CMF + CMF?どの組み合わせなんだろうか?同じトップ下と実況が言っているのに同じ選手でも活躍する時と活躍しない時があるのは実はポジションが違うのか?役割が違うのか?そんな事を意識してポジションをみると少し深く楽しく見れるかもしれません。

 

あわせて読みたい:
【サッカー】講義:ポジションとは(前提)

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】講義:ポジションとは(入門)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です