【サッカー】リーグ4節 vs ガンバ大阪 2019/03/17 等々力陸上競技場

結果:課題の残る敗戦 0-1

得点:無し

警告:ダミアン

退場:無し

遷移:0-1

勝点:3 -> 3 (気持ち勝点 7 -> 7)

評価:60点

公式記録

レビュー

リーグ初勝利を目指す川崎はラルフ、知念、山村、碧、長谷川をスタメン起用する4-2-3-1。対するガンバも4-2-3-1でボールを保持したい形。

このメンバーでどんなサッカーをするかと思っていたが、いつも通りのサッカーができていた。山村はゲームに入れていないように見えたが、見直してみると初スタメンでも自分の持ち味を出そうとしていた。迷子になっている雰囲気だったのは家長がおりてきている時で、判断に迷っている印象があった。攻撃は相変わらず左サイドに人が集まり自らスペースを消す展開。ガンバも同サイドで試合を進めるが逆サイドに展開できるガンバと出来ない川崎の差がボール運びに現れていた。

この試合で気になったのはいろいろあるが、1番は自分たちがやりたい戦略をガンバにやられたという事実だろう。鬼木監督になってからの川崎の攻撃はじっくり攻める遅攻は苦手で高い位置でボールを奪ってからの速攻という形に特化してきた。遅攻ができていないというところが大きな問題であるが、それ以上に高い位置でボールを奪われての速攻を数多く食らったことの方が問題だと思う。この試合のボールロストは22と通常10も行かないチームにおいてだいぶ大きな数字となっている。川崎の生命線は確かな技術によるボール保持なのだが、そこの部分を相手に狙われているのは屋台骨が不安定になっている疑惑が湧いてくる。パスの本数が多いのにチャンスが少ないのはペナルティエリアの外をパス回しさせられているだけで縦パスがない事が問題。

守備の部分では相変わらず家長が守備をしない。人を守る事もそうだが場所を守る事もしないので、基本右サイドは相手に渡している形。そこに守備の得意ではない齋藤を投入したことで右サイドの対策はないまま最終局面で失点。個人的にはやられ続けている形なのでどうにかして欲しい。具体的には相手SHに川崎SBがマークしているときに、相手SBの上がりに川崎SHが人につかずに場所を守りに行って簡単に突破されてしまうところ。再現性高くやられ続けているので普通に対応して欲しい。

攻撃の課題と守備の課題といろいろ見えた敗戦。とはいえ攻撃は構築中で攻守一体型のチームなので攻撃のバランスが崩れる=守備のバランスも崩れるという関係を考えれば、産みの苦しみの最中といったところか。新戦力も個人としてはいい仕事をしているので組織としてまとめあげればいいチームになりそうな気がする。代表ウィークにしっかりと整理して初勝利を目指したい。

ピックアップ

・鈴木 雄斗

中への切り込みはなかなか良いし、攻撃の意識も高い。守備の部分もパワーを活かしてしっかり相手を止めている。課題はポジショニングだろうか。攻撃時は中への意識が強いのか立ち位置が少し中すぎる。あと1m外に立てば相手の守備を広げる事ができるが、今の立ち位置では幅を使った攻撃が出来ない。守備の部分も人を守る事はできるが場所を守る事ができていないので、ボールが入った相手との勝負という後手に回った対決しか出来ない。立ち位置をかえる事で相手がボールを出せない、いい形で受けれない、そういう先手に立てる駆け引きを覚えたい。

・山村 和也

フロンターレデビュー戦はボランチスタート。狭い所でボールを受ける、散らす、前を向くという基本スキルからタイミング良くゴール前に顔を出すという持ち味は出していた。個人としては悪くない出来だと思う。しかし家長が降りてきた辺りから効果的なプレーが出来ず憲剛とポジション変わって前目に配置されるも後半開始早々に交代。繰り返しになるが個人としては悪くないと思うが、前に上がっても数的有利や高さを使った攻撃につながる事が出来ず、ボール離れは良かったけど攻撃のリズムは作れずとチームとして機能していたとは言えなかった。戦術的な問題や連携の問題でもあるのでそこは時間かかるかなと。個人的にはトップ下で勝負させたい選手。あと自信がなさそうにしていたので自信を持ってプレーして欲しい。

・知念 慶

ワントップでボールを納め、スペースを作り、周りを活かすプレーをし、前線からのプレスを頑張っていた。山村と同じて個人としては良いプレーをしていたが組織として良いとは言えない問題があった。今の攻撃は同じサイドに固まり過ぎでスペースを自ら消していく傾向にあるので知念がそこに関与した所でゴールに繋がらない。仮に崩してたとしてもフィニッシャーがゴール前にいない問題に繋がっており、ワントップとしてはゴールを目指すプレーを最優先にしたほうが良いと思う。ただ最後まで残した事から監督の期待には応えていたわけで、チームとして攻撃の形がない問題の影響とも言えるが今のスタイルだと得点量産は期待出来ない。

・家長 昭博

自由を謳歌する昨年のMVP。去年も守備をサボりがちだったが今年は顕著。ボールを取りに行く意思を感じない事が多い。攻守共にポジションを移動するが結局良い流れを生んでおらず、ボールを触りたいだけの行動にみえる。苦しい時にボールを保持できる事と個人で局面を打開する力は流石だがそのメリットの裏にあるデメリットが大きくみえる。例えば新加入組は川崎の基本スタイルに馴染もうとしているが家長の自由度の高さが基本が解けていないのに応用問題を解かされている状況に思えるし、その時どうすれば良いかは共有されていないようにみえる。けど、こちらも監督が使い続けているので期待に応えているわけでチーム戦術の話なのかと思うが守備はもう少し頑張って欲しい。

・鬼木監督

今年は一年かけて鬼木監督の攻撃構築をみようと思っているが、目指しているものがちょっと分からない状況である。疑問点をまとめてみる。

1. ベースとなる基礎技術

風間監督が作った技術的優位をもってボールを保持し、主体的にゲームを作るサッカーをベースにしていたが、鬼木監督になり守備の意識を高める事に成功したがベースとなる部分がそれほど優位性を持っていないようにみえる。憲剛、大島、小林あたりは前線の厳しい場面でも確かな技術で効果的なプレーをみせるが、それ以外の選手は捌く事ができる、収める事ができる、だけで次に繋がるプレーが少ない。これによって何が生まれるかというとボールを保持させられる形であり「速攻さえ防げば後はどうにかなる」という相手の安心感である。実際昨シーズンもそうだが遅攻にワクワク感がなく、ただただボールを繋ぎパスを引っ掛けてカウンターのシーンが多い。ここいら辺は明らかに鬼木監督になってから増えているシーンで風間体制の時の「高い技術と想像力で次にどんな事をするのか分からないワクワク感」から鬼木体制の「少し技術があるミスの少ないサッカーでしっかり勝つ」にシフトしていることに関係しているだろう。水も漏らさぬ守備という言葉は一見たくましいが、本来のワクワク攻撃サッカーとの両立をするには守備意識を高めすぎな気がする。

パスが引っかかる点については、攻守において正しい配置に人がいない事も問題だと感じている。パス精度というと出し手の技術のように数値化されがちではあるが、当たり前だがパスというのは出し手と受け手がいて初めて成り立つものである。引っかかるというのは出し手の精度が悪かったのか受け手の位置どりが悪かったのかをちゃんと見なければならない。配置の重要性は「サッカー選手が試合中にボールを触れるのは5分」と言われるぐらい基本的にボールに触っていないので、ボールを持った時の技術よりボールを持っていない時の技術のほうが90分で見た時には重要な部分もある。「1対1に強い事」と「1対1の局面を作らせない位置にポジショニングする事」の差と言えばいいだろうか。この分は組織的にハメる守備を好む鬼木監督は上手にやってきていたが今年は新しい形に挑戦する中で全体的に乱れているように見える。バランス重視の監督にしては珍しい状態なので産みの苦しみを感じる時期である。

2. 補強の方向性と攻撃の方向性

基礎技術にも関係することだが、川崎の最近の補強もみてわかるのは大きくてパワーのある選手を優先している。これはACLをみこしての事かもしれないが、この事がベースラインの押し下げであり、チーム意識の統一感をなくしている遠因になっていそうである。例えばマリノスの最近の補強選手と実際行っているサッカーをみると効果的な補強に思えるが、今のところ川崎はパワーと高さを活かしたサッカーを試みるような補強をしながら足元でつなぐポゼッションを実行しているので、選手も狙いが定まらないのではないかと思う。例えば山村を使って前線への上がりを期待するなら上がったタイミングで高さを活かせるボールを放り込む姿勢を見せるとか、ダミアンを最前線に配置して、早めにボールを収めるとかあればいいが、実際は山村は上がっただけでボールは来ず、ダミアンは下がり目で知念がトップで張る形になっていた。補強で言えば右サイドバックだけパワー型ではなくスピードと攻撃力をイメージしておりエウソンの後釜感が強いのも謎であるが、家長の起用し続ける采配と合わせると、家長&エウソンの個性あふれる右サイドコンビが鬼木監督にとって特別だった事だけが感じられる。

攻撃意識の疑問としては「何を目的にしているのか?」がはっきりしていないように思える。鬼木監督は「ボールを大事にする」「ハーフコートに押し込む」と言っているが選手に正しく実行方法は伝わっているのかが見ていて分からない。選手は確率の高いプレーを選択しているとは思うが、基本的に「攻撃するという事はボールを失うリスクの高いプレー選択」であり「確率の高いプレー=ミスの少ないプレー」だけを考えると無難なパス回しをするだけになる。”ゴールを奪うというリスクの高い長期目標”と”ミスをしないというリスクの低い短期目標”を同時に設定された場合に、迷わずプレー選択できていない事が流れるようなパス回しでの崩しの少なさに現れていると思う。

3. 負荷分散ができていないタスク配分

攻撃がうまくいかない事とサイドの守備が不安定な事を強引に解決する策として「ボランチが攻守ともに頑張る」という事態が非常に多い。昨年から変わっていないが正直、筋肉系の怪我が多いわりに手を抜く事が下手な大島に今のタスクを頑張らすのはシーズン通しての活躍を放棄しているとしか思えない。丈夫そうな守田ですら負傷しており、田中も満身創痍の中ラストワンプレーで空中戦を戦わせるなど、選手の負荷分散がうまくないのはシーズン通して安定した戦いをする上で重要な部分だと思うが現状は厳しいと言わざるをえない。なんだかんだで交代することのない谷口奈良など競争力を高めたはずのポジションで変化がなく、一番リスクの少ない左サイドハーフだけをいじってどうにか局面を打開しようとしている感じが攻撃構築難航中という印象を深めている。

試合に出ている選手をみると個人としては良いプレーをしているだけに、チームとして形にする部分を鬼木監督がどうまとめていくかが重要になっている。

ライブ

15分

山村ボランチの4-2-3-1。山村運動量少なめで上手くゲームに入れていない感じ。家長は藤春への守備放棄で攻撃専念。ラルフはアデミ対応で手一杯。空いたスペースは田中が頑張るシステム。右サイド攻略されそうな立ち上がり。知念は収まりどころになってるがシュート意識を高く。 #frontale

30分

相変わらずゲームに入れない山村。短いパスより長いパスでボールを運ぶ展開。知念の収納力が高い。左サイドの攻防が続く展開は五分五分だがシュートが打てない分流れは悪い。長谷川の崩しが対応され始めてる。 #frontale

45分

結局ボランチでは空気だった山村が憲剛とポジション変えるもまだ迷子。攻撃先を探していると信じたいがボール回してるだけにしか見えない。ラルフも知念もプレーは悪くないがボールを運ぶ事と失わない事を意識しすぎ。攻撃の意識を高めて。ワクワクが足りない。 #frontale

60分

前半より距離感を修正するも効果的なボール回しができず。CKからピンチが何度か。山村にかえて齋藤。両サイドにドリブラーを配置。齋藤の動きと球離れが良くボールが回り始める。フィニッシャーがゴール前にいない問題解決してないのでエリア内でシュート打てず。さぁどうする? #frontale

75分

ボールが回るようになってきた所で長谷川とダミアン交代。ゴールに向かう姿勢が出始める。学はアイデア豊富で良い。ダミアンを活かせるか。守備は田中と憲剛の読みと頑張りでなんとかしてるが危ない。厚みのある攻撃がみたい。 #frontale

90分

ダミアン、齋藤と守備がハマらない方が目立ち攻めの時間を作れない。知念消耗させ過ぎで実質ワントップ。憲剛を下田に交代させるも場所を守る人が居なくなる。攻撃の可能性が減る中、サイドの守備改善放置した結果しっかり失点。残念な試合。 #frontale

プレビュー

代表ウィーク前の5連戦、最後の試合。コンディション良さそうな小林はベンチ外で良くなさそうな家長が先発。パフォーマンスの出ない守田はベンチで田中はスタメン。何より山村が初先発。トップ下起用だと思うがボランチもありうる。どんなタスクが渡されているのか楽しみである。個人的に要経過観察中の家長はどんなプレーを見せるのか。家長の自由度が高い程、連携面の問題が表面化しやすいがそこいら辺を鬼木監督がどう考えているのかを想像して楽しみたい。

守備面では去年手を焼いたファン ウィジョを抑えるCB陣とアデミウソン、小野瀬と対峙するSB陣に注目したい。特に好調なのに代表に呼ばれなかった谷口の鬼神の如き活躍が見たい。サイドの優位性を持ちたい両チームなだけに初スタメンのラルフ、ポジショニングに難のある車屋の出来にかかっている。

川崎の憲剛と同じぐらい勝敗に直結する今野が控えなのはありがたい。リーグ初勝利をホームで迎えて休みに入りたい。

チェックポイント

  • ファン ウィジョの抑え方
    • 点は取られなかったが個人では抑えられず
  • 山村の馴染み具合
    • 家長問題との兼ね合い
  • 経過観察中の家長
    • 鬼木監督が使い続ける限り問題ないが・・・

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ4節 vs ガンバ大阪 2019/03/17 等々力陸上競技場」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です