【サッカー】リーグ28節 vs 湘南ベルマーレ 2019/10/06 BMWスタジアム平塚

結果:KPI未達の完勝 5-0

得点:OG、憲剛、小林、阿部、長谷川

警告:無し

退場:無し

遷移:1-0 -> 2-0 -> 3-0 -> 4-0 -> 5-0

勝点:44-> 47(気持ち勝点 54 -> 57)

評価:80点

公式記録

トラッキングデータ

レビュー

3-4-2-1の湘南と4-2-3-1の川崎。立ち上がりから両チームともボールに強くいくがその後のミスが多く互いに流れを作れない。左サイドを中心に人を集める川崎も後ろからのパスミスが目立ち、小林を左に流した効果がうまく得られない。そんな中CKからの流れで先制すると、勇気を持つ川崎と自信を失った湘南の構図となり一気にゲームが決まる。後半から湘南が気持ちを入れなおして激しく来られると、うまくボールが運べない。むしろ今週のベストセーブに選ばれるビッグセーブが必要な展開に。それでもしのいでいると体力が尽きボールに寄せれなくなった湘南相手に脇坂のミドルから長谷川追加点。結果は5-0と完勝。得点シーンはどれも綺麗に崩しているが課題を解決した感じがしないので素直に喜べない試合であった。不調のチーム同士の対決で順位どおりの力の差を見せた印象。湘南スタイルがなくなり、ただのコンパクトに激しく守るだけになった湘南は辛そうだった。

ピックアップ

・強度の高い守備への対応(KPI)

ユルユルの守備は崩せるが強度の高い守備にはボールを運べないという課題。前半開始から15分と後半開始から30分の合計45分間が湘南が強度の高い試合をしていた時間帯。この時間の川崎のクオリティは残念ながら特に進捗が見られない出来であった。例えば中央を起点にCBからボランチにつけるパスも通った後にすぐに奪い返されるなど、正直カウンターが機能していない相手だったから助かったミスが多かった。前節の敗戦と同じ形、同じメンバーで望んだので改善があるかと思ったが守田がSBに慣れたぐらいの収穫しかなかった。

・主体的な試合運び(KPI)

度々監督が口にする「メンタルの部分」。先手をとれば元気になれるが、そこまでが慎重というか受け身になりがちな部分もあまり改善見れず。セットプレーから先制した事で一気にパフォーマンスが変わった両チームであるが成長という観点で言えば、できれば流れの中で先制点を奪いたかった。圧倒的な差がついた中で始まった後半は相手の激しいプレスをまともに受けて流れを作れない。幅をとったり配置は変えようとしていたが、相手が狙っている登里と下田あたりは見事に奪われており、相手の狙いを交わせないところは変わらず。結局相手が疲れるまで流れをつかめず主体的に試合を運べなかった。

・選手短評

小林 悠

この試合も相変わらずの好パフォーマンス。やっぱりボールに触れる回数が多いほうがリズムが出る。できれば複数得点して欲しかった。

阿部 浩之

3得点に絡む大活躍。安定感のあるパフォーマンス。シュートがうますぎる。

家長 昭博

神戸戦に引き続き、個の力を見せつけた。献身的な守備が好印象。

守田 英正

SBの役割がわかってきたと本人が言うだけあって攻守に躍動。今後、どこを主戦場にするのか。代表との兼ね合いで選手キャリアが変わりそう。

脇坂 泰斗

ボールを運ぶ力とミドルシュートは見事。サイドでのプレー時は判断が遅くチャンスを潰していたが、何があったのだろう。

新井 章太

スペースへの飛び出しは良いが、ビルドアップはあまりうまくない疑惑。ロングボールはほぼクリア。レベルアップを期待したい。

ライブ

15分

3-4-2-1の湘南と4-2-3-1の川崎。時折強い逆風がありロングボール難しい。コンパクトに守る湘南に対し左サイドに人数をかけて進みたい川崎だがスペース無く上手くすすまない。右サイドは家長にお任せ。人数かけてる割にロスト時に取り返せないのは気になる。CKからの流れで谷口先制! #frontale

30分

得点後から足元にボールがつくようになった川崎と対照に落ち着きを無くす湘南。完璧な流れで憲剛が追加点。その後もゴール前で暇してた阿部のゴール。コンパクトな守備とカウンターしか無さそうな湘南がコンパクトさを無くし辛そう。ロングボールの対応も川崎の勝ち。 #frontale

45分

試合終了5分前みたいな緩いボール回しが続く中、中盤のパスミスから湘南に迫られる。そのボールをカウンターで小林追加点。前線はプレスに来るけど後ろはプレスに来ない湘南相手に突然幅を取り始める。ボール運びは満足しないけど、クリーンシートで終わりたい試合。 #frontale

60分

あれだけ熱いサポーターの気持ちに応えないのは男じゃないと言われたのかプレスが戻った湘南。前半大して上手くいっていなかった川崎は見事にのまれる。この展開で自分達の力で自分達の流れに変えられるのか。そういうのが見たい試合。 #frontale

75分

湘南ペースは変わらず。ビルドアップ改善の為か家長を脇坂と交代。独りで輝く家長の形のままなので連携欲しい脇坂が迷いまくり。仕方ないので憲剛を長谷川にかえて脇坂を真ん中に。結果ビルドアップ改善せず。自分達の時間を作りたい。 #frontale

90分

流れは湘南もミドルシュートから長谷川追加点。最後はオープンな展開になるも無失点で終了。度重なるチャンスも丁寧に行きすぎてシュートに持っていけなかったのはもったいない。一度も流れを掴めなかった試合運びに不安はあるが今日は大勝を喜びたい。 #frontale

プレビュー

中2日で鹿島とのカップ戦を控える中、前回と同じメンバーで臨む川崎。ただ控えはFW2枚で4-4-2にかえてパワーで点取る準備してるのが違うところ。この前ある程度上手く行った部分をこの1週間でどう突き詰めてきたのかに注目したい。ボランチが縦関係になれるかどうか?SBはどこまで上がれるか?誰かの為に動ける選手が何人いるか。パワハラ騒動で揺れる湘南相手に、ワクワクする攻撃を展開して欲しい。イヤォ!

参考:
【サッカー】リーグ8節 vs 湘南ベルマーレ 2019/04/19 等々力陸上競技場

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です