【サッカー】リーグ1節 vs FV東京 2019/02/23 等々力陸上競技場

結果:勝っても負けてもおかしくない引き分け 0-0

得点:無し

警告:車屋、奈良、中村

退場:無し

遷移:0-0

勝点:0 -> 1 (気持ち勝点 0 -> 1)

評価:65点

公式記録

レビュー

スーパー杯でコンディションの仕上がりの早さを見せた川崎。ホームで東京を迎え撃つ一戦は想定通りにはいかない展開となった。

スーパー杯と同じスタメンで臨む川崎だが、マギーニョと車屋の両SBを高くあげる戦略が全くハマらず苦戦する事に。右サイドに注目すると、そこまでマギーニョを上げなかったことと小林が後ろをケアしながら試合に臨んでくれた事である程度機能したスーパー杯と違い、今節ではより高めのポジションを取ることで相手を前に出にくくするはずであったが、結果は上がったSBの背後を狙われ続けることとなった。

原因は何だろうか。いくつか浮かんだものはいくつかあるが以下が連鎖的に悪い状況が繋がってしまい、結果として右サイドの裏を狙うに十分なスペースと数的不利を生んでしまった。

1. 前線で起点になれないダミアン

ダミアンは東京CB陣に押さえ込まれてしまったので、ただスペースを殺す役割となってしまったが、連携が弱い今の時期は個人で東京守備陣の組織に挑んでいるようなものなので、周りとの連携を磨いていけば解決するだろう。

2. 前線の活性化を優先した小林

気になったのは小林のプレー選択でスーパー杯の時と違ってマギーニョが上手く上がれない時へのケアがだいぶ疎かだった。試合中特に直すこともなく守田と大島が積極的に声を出して修正をしていたので、そういう約束だったのだろう。実際うまく上がれた馬渡の場合は効果的な場所にいたので何とも言えず。ここも連携の問題だろう。

3. 後ろが気になって上りきれないマギーニョ

スーパー杯ではリスクを犯すことが少なかったので安定したプレーをみせたマギーニョ。今節ではリスクを取って上がるタスクだったが見事に失敗。原因は高さを意識するあまり幅を忘れてしまった事。幅を取る→スペースを作って高さをとるの順番のはずが、高さだけに集中してしてしまった事か(馬渡が幅を使って流れを変えたのはベンチからの指示だろう)。あとは相手が上がったマギーニョの裏を狙うように永井を走らせたことだろう。永井だけでなくディエゴや逆サイドの久保といった選手も出現し、完全に連携の弱さを狙われた試合だった。勇気を持って上がった時にカウンターを食い続けると流石に自信を持って高いポジションを取るのはメンタル的に厳しい。新加入なので自分が悪いのか周りが悪いのかも分からず、言葉も通じないのだから仕方がない。試合に出しながらベンチからの指示で勉強する序盤だろう。

4. 右サイドの動きをコントロール出来ない守田、大島

中盤で良い動きをみせていたが右サイドの不安を解消しきれなかった中盤の大島守田コンビ。何度も言葉を交わし、ジェスチャーを交えて修正しようとしたが守田とマギーニョだけでは解決できない問題であり、小林も含めて対応したかったが上記の通り、それをやると攻撃の形が作れず、逆に攻撃を受け続けるリスクもあるので何とも。ただ、この対応しきれない問題をそのままに試合を続けたことで、相手の早いプレスに苦戦するCB陣のパスまわしへの援軍も出来ないポジションにいた事が試合を難しくしたことも事実だろう。連携の問題とはいえ、試合中に決断をする選手に育って欲しい。いつまでも憲剛頼りなのは大問題だ。

5. 永井ディエゴに対応しきれないCB陣

安心は勇気を生む。不安定は勇気を奪う。スーパー杯では完璧に抑え込んだCB陣だが、永井の効果的な早いプレスとディエゴとのポジションチェンジに対応しきれず、何度か怪しい場面が。守備の部分もそうだが繋ぎの部分が安定せず、チーム全体が自信を持って前に行く力が減ってしまった。相手の狙い通りの展開の中、無失点だったのは良かったと思うが試合後のコメントで「どっちに転んでもおかしくない試合だった」と複数人が言っている展開だったのも事実。こういう試合で結果としては無失点だったが何度も同じ形でピンチを招いた事はリスク管理としてどうなんだろうとは思う。

ツラツラと書いて来たが纏めると悪くない内容だったと思う。ピンチはあったし修正に時間がかかったが、原因は連携面である上にこの問題に対して最後まで攻撃的に解決しようとしたからだ。連携面はこれから改善するので問題無いし開幕戦では当たり前。ポイントは最後まで攻撃的に考えた事だろう。守備的な発想で解決する事は出来たがそれをせずに攻撃的に最後まで戦えたのはブレてなくて好感が持てる。攻撃のポイントが幅である事が明確になったのも収穫だろう。個人的には阿部を使って欲しかったが計算できる選手なだけに使わなかったのもそういう試合と鬼木監督が判断したからだろう。ACLまでにある程度連携を高めるためにはリーグを実験台にするしかない。そういう覚悟を感じた試合でもあった。90分の采配でもなくリーグ34試合でもなくACL含めた60試合を見据えての采配。チームがどのように成長していくのか注目したい。

東京の組織力が想像以上に高くて驚いたが、次に戦う時はこっちの組織力が上がっているのと、おそらく久保君がいないと思われるので勝てるイメージが湧いたのはメモしておく(フラグにならないように…)

ピックアップ

  • 大島僚太&守田英正

阿部化する大島と大島化する守田。去年持っていなかったものを求めて、成長の方向性が見えた気がする。より得点に絡むために前に行く事とゲームをコントロールするために声を出す阿部要素を感じる大島。細かい所でのプレー選択と的確なポジショニング、ゲームを動かすボール散らしという大島要素を感じる守田。いつまで観られるのか分からないけど、ワクワクが止まらないコンビ。

  • 齋藤学&車屋紳太郎

対人の守備は光る車屋だが、それだけになりつつあるのも事実。攻撃への寄与の少なさと攻守切り替え時のポジションの悪さは流石に改善しないとカップ戦で失態をおかしそう。自分の武器をうまく使い始めた齋藤だが車屋とのコンビは息が合わず。さらに言うと中の小林とも息が合わずでダミアンとのコンビが見たい感じがした。可能性は感じる。

ライブ

プレビュー

スタメンを見る限り両チームとも去年をベースにした形。監督も変わっていない事から監督の意図を表現できる勝負ができそう。FC東京の4バックは強力な上にサイドバックの攻撃参加をうまく絡めているのでそこを消したい。スーパー杯と同じメンバーで臨むのでサイドへの対処は同じ要領でこなすのだろうか。重心高めの浦和と違い重心低めの相手なので、両サイドはより前目を意識して攻撃に出るような気もするし、ダミアン、マギーニョ、車屋の大きなトライアングルで相手のポジションの自由を奪い、その中を家長、小林、憲剛、大島、守田が自由に展開する方法を継続する気もする。リーグ戦なのでマギーニョも少し自分の持ち味を見せると思うので期待したい。重心低めの相手にどんな攻略法を示すのか。鬼木監督の攻撃采配に注目。

チェックポイント

  • 攻撃が渋滞しないか
    • 幅と奥行きを使えず、ダミアンを中心に渋滞
  • マイナス方向のクロスを織り交ぜられるか
    • 中央に集まりすぎてスペースをうめず
  • 特定の選手の負荷が高くなっていないか
    • 肉体的に谷口、守田、大島、精神的にマギーニョに負担がかかりすぎていた
  • 純粋な1vs1の守備でどれほど勝てるか
    • 純粋な1 vs 1 でも2 vs 2 でも勝てたとはいえず

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ1節 vs FV東京 2019/02/23 等々力陸上競技場」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です