【サッカー】リーグ11節 vs 清水エスパルス 2019/05/12 IAIスタジアム日本平

結果:個の力による勝利 4-0

得点:小林、脇坂、大島、ダミアン

警告:無し

退場:無し

遷移:1-0 -> 2-0 -> 3-0 -> 4-0

勝点:19 -> 22(気持ち勝点 23 -> 26)

評価:80点

公式記録

トラッキングデータ

レビュー

しっかりよく守る清水の4-4-2。川崎は4-4-2で始めるも中々崩すことができず。4-4-2には4-2-3-1の形がいいと思うが守備がうまくいっているので脇坂と小林の位置を変えるぐらいの変化でチャンスを伺う。結局最後まで綺麗に崩したシーンは生まれなかったが、CK、クリアボールからの個人技、こぼれ球からのゴラッソミドル、ダミアンの圧倒的な個人技、と流れがないと点が取れない川崎 Plan Aのサッカーではできない形で得点を重ねてスコア上は快勝した。清水はよく守っていたし、決定機も作っていたが決めきれず。川崎は少ないチャンスをきっちり決めた。その違いではあるがそれがフットボールだと教えてくれた試合でもあった。

強力なCBがしっかり守り、強力はFWがしっかり点を取る4-4-2というのは、完全に鹿島のスタイルだが、これが出来る人材と戦術を切り替えられる柔軟性が身についてきた証拠となる試合かもしれない。ただ例によって不調のチーム相手に取りこぼす事なく勝ったので、本当にこの形が好調なチームにも通じるかは分からない。今シーズンは下位への取りこぼしがないのが特徴だがフォーメーション選択からも監督の意図が感じられる。自分の形にこだわるよりも負けない形を選び、その形で相手コートに押し込めて勝つ。こういう事が鬼さんの考える姿なのではないか。次節からの上位対決で真の状態を判断したい。

ピックアップ

・ジェジエウ

ジェジは圧巻のパフォーマンスだった。はっきりって清水の最大の誤算はジェジだろう。しっかり守って前線のドウグラスに繋げたいが、悉くジェジに跳ね返された事でボールを前に運ぶ術を失ってしまった。前回パワーと守備力と判断力は見せたが、この試合ではさらにスピードがあるところとビルドアップもできるところを見せてくれた。生粋のCBで相手を威圧できるスタイルはジェシを彷彿させる。正直今の所、穴らしい穴はなく年棒8,000万円も納得。逆に今までなぜ出てこれなかったのか。コミュニケーションの部分なのか日本文化への対応なのか奈良を成長させる為の鬼さんの判断なのかは分からないが、頼もしい仲間が現れた事は間違いない。

・ダミアン

攻撃はダミアンが個の力を見せてくれた。2点目はジェジが奪ったボールをサイドに流れていたダミアンにロングボール。それを受けたダミアンはパワーとスピードで数的不利をはじき返すと最後は優しいクロスで脇坂の初得点をアシスト。技術の高さと視野の広さを見せてくれた。4点目は言葉がいらない理不尽なほどの個人技。モノの違いをまざまざと見せつけるようなパフォーマンスだった。

ダミアン自体も良かったが上海戦あたりからチームがダミアンの使い方を理解してきたように見える。スペースを作ってそこに飛び込んだ時にボールが欲しい小林と違い、スペースのある場所に陣取りそこにボールを入れて欲しいダミアン。この違いを周囲が理解し、ゴール前にできたスペースを有効活用できるようになったのが大きいと思う。こうなってくるとスペースを埋めにきてしまう家長が復帰した場合に上手くいくのか疑問が生まれるが、どちらかというと小林の方が辛そうな関係なので、ダミアン小林知念がどの組み合わせで使われるのかは要チェックである。

とにかく控えに甘んじるタイプでも実績でもないだけにこれからの活躍に期待大なダミアンに注目していきたい。

ライブ

15分

綺麗な4-4-2の清水と川崎。両チームとも気持ちの入った見応えのある立ち上がり。ジェジエウの球離れが良い。ドウグラスをよく抑えてる。守田のミスが気になる。ダミアン小林の攻撃陣は押さえ込まれている。じっくり慌てずに。脇坂と斎藤が違いを出せるか。安定感はある。#frontale

30分

両チームとも集中しており互いに攻めあぐねる展開もCKのこぼれ球を小林が押し込み先制。ジェジエウとダミアンの強さが効果的。ボランチの出し先が抑えられておりモタつくと危険。クロスで谷口とノボリの間を狙われるのは気をつけたい。良い形の攻撃をみせたい。 #frontale

45分

清水の守備を崩せない川崎。焦って攻めるとミスからカウンターを食らう良くない流れ。そんな中、ダミアンが個の力で運び中に折り返した所を脇坂追加点。形が無くても点が取れる。これが強力FWがいる利点だが良い時間に出た。ボール回しと崩しを改善したい。ツートップの意味が無い。 #frontale

60分

後半も清水相手にリズムが作れない川崎。そんな中リズム関係無く仕事出来るダミアンとジェジエウが活躍。清水の攻撃の要であるドウグラスを完封してて頼もしい。怪我の小林が長谷川に代わった事を良い方向に持っていきたい。 #frontale

75分

相手の守備を崩せない時間が続く。ただジェジエウがドウグラスを抑えている事で清水も攻めれない。山村を投入して変化を求めるも効果的なプレー無し。リスクを負わずゲームを閉じに行ってもおかしくない展開。 #frontale

90分

清水の守備は最後までしっかりしていたが大島とダミアンのスーパーゴールで追加点。最後まで流れは生まれなかったが攻守ともに助っ人外国人の力で勝った試合だっだ。ダミアンとジェジエウが圧倒的な個の力を見せつけた試合だった。疲労困憊の中クリーンシートはお見事。 #frontale

プレビュー

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です