【サッカー】2019振り返り

四冠を目標にして挑んだシーズンはルヴァン杯初制覇はあったものの物足りない結果となった。気になった点を簡単にまとめておく。

・中途半端になった戦術

ACL向けにフィジカルコンディションを上げる事を例年より意識したキャンプ。その結果はスーパー杯で出る。初登場のダミアンのワントップを仕上がってない浦和DFは止める事が出来ず前線基地として機能。得点を決めるなど衝撃的なデビューとなった。しかし、シーズンが始まるとダミアンは封じ込まれる。フィジカルコンディションの優位性を失うと戦術的な優位性で負け始める。特に川崎が結果を出してきた前からのプレスに対応するチームが増えた事と等々力では勝点1で良いと思えるサッカーをするチームが増えた事で思うように勝点が伸ばせなくなる。前プレスに対応し切れてないダミアン、前プレス対策の対策を実践できる憲剛の怪我、4-4-2併用による戦術の深まりの遅さが重なり波に乗り切れないままシーズンを終える事になった。4-4-2はACL用なのか前プレス出来ない用か分からなかったがダミアンに放り込むだけの形しか仕込めてなかったので、結果として4-2-3-1と4-4-2を目指し二兎を追う者は一兎をも得ずを体現する事となってしまった。この負の遺産を抱えたままシーズン後半に突入したので、いつもならラストスパートかけれる所が無くなってしまったのはワクワクが足りず、少し寂しかった。

・神戸と横浜に喫した完敗

とはいえ、試合終盤に失点して取りこぼした勝点は10。ここをしっかり獲れていれば、それ程悲観的なシーズンでは無かったと思う。だが印象として優勝出来なくても仕方ないと思ったのは2チームに喫した完敗劇の影響では無いだろうか。シティグループのノウハウと情報網とコネクションをフルに使って伝統の守備を捨ててモダンな攻撃サッカーを展開した横浜、バルサ化を掲げて金も出すが声も出す短気なオーナーの元、最強傭兵部隊を作ってきた神戸。この2チームへの完敗は攻撃サッカーで負け、ボールを保持するサッカーで負け、観るものを魅了するサッカーで負けという川崎サポとしては耐えられないダメージを受けた。これに合わせて上記の戦術のブレもあり鬼さんも言うように「見ている人が楽しいと思えるサッカー」かと言われると例年よりは満足度が低かったのは間違いない。

・2019シーズンまとめ

鬼さんは「誰が出ても戦えるチーム」を目指しているように思える。その為、理想的には誰が出ても魅力的なサッカーが展開出来る…が現実的には攻撃の主役を張れるのは小林と家長、ダミアンぐらい。家長は効果的であったが無得点なのが残念。(家長は前半守備サボってるようにみえたけど、コンディションが整わない中で90分持たせるためだったと考えると感謝しかないが、そんな家長を使わなきゃいけないかったチームはもう少し頑張れと思う。コンディション整ってからの終盤の家長はMVPらしい仕事をしていた)

そしてハーフコートでのサッカーを展開出来なかったのが一番気になるが最大の要因は全線で起点になれる選手が居なかったからだと思う。実質家長ぐらいしかボールを保持出来ないのでラインを押し上げる時間が稼げなかった。家長不在の時にカウンターしか出来なくなる問題は気になった。

あとは相手を見るサッカーだが相手を見ている間に相手ペースになってしまい失点して辛いゲーム展開になる所も気になった。そういう試合の次の試合は自分達のやるサッカーを積極的に展開して勝つ事が多かっただけに、ここのメンタルの持って行き方とゲームのコントロールの所はしっかりして欲しい。

●良かった所

・過労死枠が無くなった事

風間さんの時からボランチやサイドハーフは気を利かして攻守に頑張る事が強いられており、当たり前だが怪我人が絶えない状況にあった。そこを(大島をシーズンフル稼働させる為な気がするが)負荷分散出来るようなったのは評価したい。それでも怪我人が多かったのは運もあるけど少し残念。

・ドリブラーの組み込みに成功した事

学は戦術理解を深めてドリブルを選択肢の1つにする事で一皮向けた感じがある。怪我残念だったが2020シーズン爆発の予感がする。そして長谷川はドリブルという武器を強化して勝負出来るようになったのが強い。さらに得点力もつけた。途中出場で結果を出したがスタメンでどうなるのか期待したい。何より、この2人をうまく使えるようなったのは次に繋がると思う。

●悪かった所

・CB頼りの守備

良い所であげた過労死枠が無くなったというのは肉体的な面である。つまり誰かが走り続けたりスプリントし続ける事は無くなったという意味。そのかわり裏を突かれた時やカウンター対策はCB2人が頑張るという事態を引き起こしてしまった。数的同数を全勝しなければ失点してしまう構造は優勝争いをするチームとしては評価出来ない。それとポジショナルプレーを仕掛けてくるチームにロジカルに殴られ続けるのも対応を期待したい。碧と守田はボール奪取が上手くなったがボールをとる事に力を先過ぎてバランスを崩す事も多かった。ここいら辺も能力を活かせるようにしたい。

・人数をかけるがアイデアが無い攻撃

ハーフコートサッカーがハマらなかったシーズンだったが、上手くいかない攻撃をどうにかする為に前に人数をかけすぎ、無理なパスをカットされカウンターを受けるシーンが多かった。人を増やす事は良いと思うが良い場所に配置する意識を高めて欲しい。

・タスク過多の選手達

「阿吽の呼吸」が必須となっているサッカーを展開しているが、ここは賛否あると思うがもう少し意思決定が統一出来るルールを設定して良いと思う。例えば長谷川や車屋は「ダミアンに合わせる」という明確な攻撃スタイルがある場合はとても良かったが、小林に阿吽の呼吸で合わせる時は中途半端なプレーが目立った。守備の部分も例えば車屋谷口の間を使われた時にどうするかは最後までみえず、リーグもACLも天皇杯も同じ様に崩され負けたが個々の意思決定に依存しすぎな現状の影響かと思った。右SB問題も能力なのか意思決定なのか不明のままなので、このままだとSB(にかかわらず)移籍ガチャを回し続ける事になるので、戦術の落とし込みをもう少し進めて欲しい。

2020シーズンに向けて

鬼さんがやりたいのは「前からのプレス」では無くて「ハーフコートサッカー」だと思うので目的と手段をどう取るのかは注目したい。サッカーとしてはスーパー杯で披露した幅をと奥行きをとったまま、人数をかけ過ぎない攻撃がバランスが良さそうに見えたのでそういう方向に行くかな?と思っている。あとは中途半端にならず、やりたい事をやり切る、主体的にやる、あたりはみたいところである。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です