【サッカー】天皇杯2回戦 vs 明治大学 2019/07/03 等々力陸上競技場

結果:見所のない勝利 1−0

得点:OG

警告:車屋

退場:無し

遷移:1-0

公式記録

レビュー

数々のドラマを生んできた天皇杯初戦。相手は現大学リーグ一位のチームで絶好調。川崎も12試合不敗だが勝ちきれないイメージが強い。試合は最後まで自分達のやれる事をやりきろうとする明治に内容というか魅力で負けるものの個人の質の差で勝利するという金持ちの喧嘩。明治がユニバーシアードに主力3人出していなかったら相当危ない試合だった。

ゲームコントロールが全くできなかったのが原因であるが知念&ダミアン、田中&下田、MJ &山村とセンターラインのコンビ間が息が合わなければしょうがない。試合中コミュニケーションは積極的にとってはいたがプレーとしては現れず。車屋が指示をするぐらいだから相当な事態だったが、個人的に車屋の成長を一番感じた瞬間でもあった。憲剛の復帰と車屋のコーチング、阿部と齋藤の奮闘と勝ったという事実だけが救いの初戦だった。

ピックアップ

・ゲームコントロール

この試合ゲームの流れを作ろうとしていたのは2人いた。阿部と齋藤の両サイドだ。知念やマギーニョや下田田中に積極的に声をかけてボールを動かそうとしていた。だがしかし、彼らはボールを出すタイプでは無く、ボールを受けるタイプ。どんなに良いタイミングで走っても、どんなに正しいポジションにいてもボールが出なければどうしようもない。試合中に何度も調整しようと声をかけるが全体に響かず流れは作れない。阿部が獅子奮迅の働きで下田とマギーニョと知念の分のタスクをこなすがダミアンとも息が合わず。テコ入れの為に齋藤とサイドチェンジし、知念マギーニョとのコンビを捨て齋藤の単独突破にかける始末。憲剛が入るまでは全く面白みのない展開しか出来なかったのは反省材料。

・大島 僚太と谷口 彰悟

この試合で顕著になったのは縦にパスを出せる選手の不在とボールを散らせる選手の不在である。下田のポジションの悪さと展開の悪さ、山村MJの最終ラインの展開の無さが主な原因であるが故に大島と谷口の存在の大きさを痛感する試合となった。田中は下田の分をカバーしながら頑張っていたがその中でゲームを作るところまでは至らず。守田もゲームを作れるタイプでは無いので現状だと憲剛、大島、谷口のうち2人が出ないとワクワクサッカーは出来ないと感じた。普通にいてくれる大島と谷口の偉大さを不在時に感じるというチームとしては寂しい状況を打開する選手の登場に期待したい。

・中村 憲剛

久しぶりの試合出場となった我らがバンディエラ。90日ぶり以上に長く感じたのはそれだけ普段いるのが当たり前の存在だからか。試合の展開がアレだった事もあり、試合終盤は憲剛だけを追うだけのほうが楽しかった。下田との差が顕著だったのはボールを受ける位置と受けた後の判断の速さ。縦と横、ロングとショートを使い分けて相手を動かしたのは流石の一言。けど実は一番必要を感じたのは守備の部分。鬼木監督になってから得点パターンは保持して押し込んで決めるのでは無く、前からハメてボールを奪ってのショートカウンターである。この試合、憲剛が出て初めて前プレスが出たのが最近のチームが点を取れない元凶だろう。ゲームコントロールも出来ず、前からハメる事もできなければこういう試合になってしまう。その事を30分という出場時間で表現する憲剛はまだまだ健在だと改めて感じた。Go KENGO

ライブ

15分

3-2-3-2の明治は配置的にも対応的にもバランスが良い。持たせる所は持たせてプレーさせない所はさせないのが徹底してる。川崎は4-4-2だが繋ぐ意識というかゲーム作る人がいなく意味のないパス回しからの前線へのロングボールとワクワクしない。それでもCKから先制点。しっかり。#frontale

30分

相変わらず明治のサッカーは良い。川崎は阿部が指示したりどうにかしようとしてるがお守り業が多すぎる。下田田中がはっきりしないので中盤が作れない。それでもダミアンという個の力で強引にボールを運び押し込む形。それでいいのか。しっかりやろう。 #frontale

45分

好調だけど守備の仕事しか来ない左サイドのテコ入れに阿部と齋藤の配置換え。それでも個の力で勝るだけで組織としては明治のほうが良い展開は変わらない。主導権をとるサッカーをしないと事故りそう。全体的に話し合いが目立つ試合。後半の采配に期待。 #frontale

60分

特に変化のないまま後半突入。当たり前だけど何も変わらず明治のほうが士気が高まっているように見える。それでも個人技で勝ってるので何とか。流石に限界を感じたか憲剛ノボリを投入でボールを握りに行く。Go Kengo! #frontale

75分

ボールは動くようになったが球際の激しさにのまれ繋ぎきれない。明治は形は作るが微妙なミスが目立つ。気持ちの強さ対決だと学生も相当強いのでそういう流れに持っていかないように、しっかり川崎感を出して欲しい。笑顔の憲剛が見たい。 #frontale

90分

憲剛が随所でらしさと違いを見せるも流れは掴みきれず。最後まで攻撃姿勢を貫く明治に決定的なチャンスをうみだす。正直最後アバンテを歌えるような空気じゃないまま終了。流れからの得点なし。締めの策も無し。けど勝ちは勝ち。こんなんでも等々力で勝って良かった。 #frontale

プレビュー

天皇杯2回戦の相手は現在大学リーグ1位の明治大学。今年から3-2-3-2の攻撃的なスタイルにした事で攻守に圧倒的な成績を出している。SNSでも見る限り秘策などなくいつものスタイルでJ1王者に勝つ気持ちで臨む模様。

対する川崎は控えメンバー中心とはいえ元セレソンもいる豪華な布陣。川崎スタイルの4-2-3-1で相手は相手のスタイルで来るなら自分たちは自分たちのスタイルでいくかと思ったけど、ちゃんとサイドをケアした4-4-2。久しぶりの下田とマギーニョ、そしてCBで出場の山村と新戦力を試す意味もあってわかりやすい戦術を選んだのだろう。憲剛が控えているという事は後半は4-2-3-1にする可能性もありそう。

明治大学はユニバーシアードに3選手出している事もあり、普通に圧倒して勝利して欲しい。前線に不安はないが生命線のサイドの攻防はどうか。阿部ゴールで気持ちを楽に試合を進める展開を期待。

 

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です