【サッカー】リーグ 9節 vs 鹿島アントラーズ 2018/04/21 等々力陸上競技場


結果:完勝 4−1

得点:OG(家長折り返し)、ネット、憲剛、嘉人

警告:家長、谷口

退場:無し

遷移:1-0 -> 2-0 -> 2-1 -> 3-1 -> 4-1

公式記録

 

経過

ポイント

1. 受ける動きと出す勇気

試合前

ACL蔚山戦で久しぶりに楽しい試合が見れた理由はボールを受ける動きを最後まで頑張ったから。そして、マークを外した瞬間に勇気を持ってそこにパスを出し続けたから。去年の優勝メンバーが多く戻ってくるこの試合。大黒柱の大島と小林を欠くが主体的にボールを保持し押し込むために動く事と出す事のチャレンジを続けて欲しい。良いパスを3回繋げば相手は無力化できる。それが観たい。

試合後

ACLでの控えメンバーがみせたプレーに刺激を受けたのか、見違えるようなプレーを披露。特に憲剛は完璧なプレーをみせてくれた。ただよかったのは憲剛だけでなく全体が組織として機能してからというのもある。憲剛のスルーは2回とも成功したが、スルーした先にちゃんと選手がいて、パスを受ける準備ができていたから成り立ったプレーだからだ。試合を通して川崎らしい主体的なサッカーをみせてくれたのは本当に嬉しい。ただ強度が高い試合でもあったので継続できるかはポイントになる。

2. 相手に合わせた攻撃の構築

試合前

鹿島はリーグ屈指の守備力を持つチーム。最後の硬さは日本代表が並ぶだけあるが、中盤の潰す時はきっちり潰すところもとても強い。最近の川崎が最後のところでうまくいかないのは真ん中で攻める時は20分以上真ん中を攻め、サイドで攻める時は20分以上サイドで攻めると多様性よ柔軟性に欠けるため、守備側としてはとても守りやすいから。サイドで攻めたと思って対応したら中から攻める、細かく繋いで相手が狭くなったらロングボールで広げる。そんな風に自分たちでゲームをコントロール時間が今シーズンまだ見れていないので、そこの部分に注目したい。

試合後

キックオフ直後に激しいコンタクトをしてきた鹿島に対して、一歩も引かない姿勢をみせた家長の挨拶は強烈だった。前半は後ろに人数をかけて中盤のプレスをあまりかけない鹿島に対し、慌ててボールを離す事なく、保持するところ展開するところを精度よくやれていた。前半途中から激しいデュエルを審判が裁ききれず不穏な空気になるも、選手だけの力で落ち着きを取り戻せたのはよかった。

ピックアッププレイヤー

3.  奈良竜樹

vs 鈴木を90分間よく戦ってくれた。縦に仕掛けてくる気持ちの強い相手にファイターらしく一歩も引かない対応をしてくれた。全体的に迷いがなくファイター奈良が帰ってきた。家長へのプレーにキレた姿は漢を感じた(非推奨)。今後の継続性に期待。

5. 谷口彰悟

vs 金崎を90分間よく戦ってくれた。速度の面でなんどか抜かれそうになり手を使ってギリギリ止める(カードの出ないファール)シーンも多かったが、トータルで見てよく対応していた。途中から鹿島FWはスピード任せで突っ込むしかなくなったのは両CBが良い仕事をした証。あと怪我しなくてよかった。

25. 守田英正

この試合のMVPをあげても良いでき。自分のやる事とやれる事の整理ができていて運動力も豊富。危機察知能力の高さと攻撃の起点になれる眼の良さをみせてくれた。あたりが厳しいとただでさえ持たないネットの集中力が90分持ったのは守田が攻守でネットの負担を減らしていたから。ネットのパートナーとして攻撃100点守備60点の大島と攻撃60点守備80点の守田の争いが起きるかもしれない。そんな期待のある内容だった。

20. 知念慶

得点こそ奪えなかったがそれ以外のタスクは高次元でこなしていた。特に日本代表CB2人に対して1トップでボールを納められていたのは特筆すべき事。大久保にはできないプレーで小林の負担を減らせる存在であった。ただ、攻撃の起点という面では上記のようによかったがフィニッシャーとしては動き出しの遅さや判断の悪さが目立った。ただまだ2年目。のびしろとしか感じない選手。期待大。

参考

【サッカー】講義:パスの成功と失敗の見方

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ 9節 vs 鹿島アントラーズ 2018/04/21 等々力陸上競技場」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です