【サッカー】リーグ 8節 vs ベガルタ仙台 2018/04/14 ユアテックスタジアム仙台

結果:静かな引き分け 0−0

得点:無し

警告:阿部、守田

退場:無し

遷移:0-0

公式記録

 

経過

ポイント

1. 前を向いて戦えるのか

試合前

ここ4戦勝ち無し(2分2敗)で迎えるアウェー戦。優勝した昨年は失点後に小林を中心に前向きな言葉をかけて、明らかに下を向く時間はなかった。一昨年までと同じ得点したら勢い任せに攻め続け、失点したら失速するというチームになってしまっている。優勝チームとして連戦でも相手は気合を入れて攻略してくる。いい時間も毎試合作れているだけに、気持ちの部分の飲まれてしまうのは避けたい。

試合後

スコアレスドローに終わった事により失点後の様子はわからなかったが、90分通して頑張ろうという意思は感じることはできた。ただ、疲労の問題と連携の問題もあり、いい時間が作れない。特にパスミスが多く繋いでも繋いでも優位に立てない。それでも試行錯誤しながら戦う姿勢は見せてくれたので、この観点では合格とする。

2. 好調仙台を圧倒的できるか

試合前

7節を終えて2位につける好調仙台。レンタル中の板倉を含め渡辺監督のやりたいサッカーを確実にこなしてくるいいチーム。奥埜が怪我で辛そうだが、しっかり守って確実に攻めるサッカーは変わらないだろう。順位的には上だが戦力的には圧倒しなければならない相手。この悪い流れの中、誰が気を吐くのか。チーム力に注目したい。

試合後

完全にスカウティングで負けている。仙台はこちらを攻略しにきており、逆に川崎は今年の仙台の特徴に対応しきれていなかった。疲労の面もあるが、内容的には仙台の勝ち。攻撃が売りの川崎が攻撃ができていない現状なので当然ではある。今年は守備をまずは整備して、攻撃を徐々に構築するチームが多いようにみえるが、その守備の成果の披露の場として川崎戦が使われているようにも見える。2ndまでには自慢の攻撃を見せたいところだ。

関連講義

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ 8節 vs ベガルタ仙台 2018/04/14 ユアテックスタジアム仙台」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です