【サッカー】リーグ 3節 ガンバ大阪 2018/03/10 等々力陸上競技場

結果:完勝 2−0

得点:ネット、家長

警告:大島、車屋

退場:無し

遷移:1-0 -> 2-0

公式記録

レビュー

 

元気のないガンバ相手に勝利。無失点は大きい。

スタメン:フォーメーション:4-2-3-1

FW 小林 6.0(知念 -、大久保 -)

MF 阿部 6.0、中村 6.0、家長 6.5(長谷川 6.0)

MF 大島 6.0、ネット 6.0(森谷 5.5)

DF 登里 6.5、車屋 6.5、谷口 6.0、エウソン 6.0(エドゥ-、守田 -)

GK ソンリョン 6.0(新井 -)

鬼木監督 6.0

*()内は控え

ポイント
1. ボランチとCBとの連携
2. パスミスの数
3. ミドルシュートの数

ガンバが攻撃のアクションを起こさなかったので評価は難しい。だが、厳しい日程の中で勝ち切ったのは大きい。車屋の縦パスはいいアクセントになっていた。

プレビュー

ACLで悔しい結果の後のリーグ戦。調子の上がらないガンバ相手にフロンターレらしいワクワクするサッカーを見せて欲しい。

ポイント
1. ボランチとCBとの連携
2. パスミスの数
3. ミドルシュートの数

キーワードは集中力。90分間集中し続けられるか。守備面は大島とネットがボールを取り切るシーンが少ないので、不安定なCBの前で守備の先手を取りたい。あとはパスの精度。欲しいところに出せているか。ゴール前を固めてくる相手にそろそろミドルシュートを枠に飛ばしたい。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です