【サッカー】リーグ29節 vs 鹿島アントラーズ 2018/10/07 県立カシマスタジアム

結果:見応え十分なスコアレスドロー 0-0

得点:無し

警告:阿部、車屋、守田、阿部

退場:阿部

遷移:0-0

総評:85点

鹿島の狙いを抑えながら自分たちの流れを作れた前半。流れを分断され鹿島の形を見せつけられた後半。ともに持ち味を十分に出した決戦。こういう試合で勝つことで勝負強さを印象つけてきた鹿島相手に退場を辞さない覚悟で引き分けた川崎。今までにないものを昨シーズン得たことを感じさせる魂のドロー。阿部の献身性はMVP。

公式記録


ライブ

プレビュー

今年鹿島とやるのは4回目。リーグでは完勝。ルヴァンでは完敗。実力拮抗というか全く違う文化の両チームの対決ということで味のある試合が見たい。鹿島の攻撃はそれほど複雑じゃ無いというか狙いがはっきりしている。それでもやりきれるのが鹿島の強さ。自分たちの形にいかにはめ込むかの鹿島。一方川崎は相手の狙いに合わせて攻略の形を作っていく。いかに自分たちのペースにはめ込むかの川崎。サイドに起点を作ってCFと2列目からの飛び出しにクロスを供給する。これをされるかされないか。前節の失点もあり守備陣は強い気持ちでクリーンシートを考えているはず。とくにルヴァンではボランチ出場で輝けなかった谷口は胸にきっするものがあるだろう。立ち上がりから強めに来る鹿島に飲まれがちな時に身体の強さで落ち着くをくれる家長がいないので、そこの部分をうまく凌げるか。最近特に調子のいい憲剛のプレーメーカーとして能力を遺憾なく発揮すれば結果はついてくるはず。中3日の鹿島と中7日の川崎。互いに得意のラスト15分は川崎有利か。去年の雪辱という意味で最後まで優勝を諦めない鹿島の気持ちを切る意味でも勝点必須。

参照:
2018/09/09 ルヴァン杯準々決勝 2nd 鹿島戦
2018/09/05 ルヴァン杯準々決勝 1st 鹿島戦
2018/04/21 リーグ4節 鹿島戦

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です