【サッカー】リーグ26節 vs コンサドーレ札幌 2018/09/15 等々力陸上競技場


結果:内容以上の大勝 7-0

得点:家長、憲剛、阿部、下田、小林、知念、田中

警告:家長

退場:無し

遷移:1-0 -> 2-0 -> 3-0 -> 4-0 -> 5-0 -> 6-0 -> 7-0

総評:80点

公式記録

ライブ

ポイント

1. チームの修正点

試合前

完敗に終わった鹿島2連戦。主力が抜けた事を理由にしたいところだが、ルヴァンカップという事で相手は若手も使っていた。代表に選手を抜かれていた。そしてシーズン終盤。トータルで考えてチーム力の低さで負けたルヴァンであった。主力も復帰し望むこの試合。1週間という中で何を改善しようとしたのかに注目したい。特に中盤に下田と大島を組ませるという点、サイドバック車屋の2点は結果を出して欲しいところ。下田は攻撃に関しては問題ないがボールを受けれないのとスペースが作れないのと守備に課題があるので、最近のトレーニングでどこまで改善されているか楽しみである。車屋は最近SBで完璧な仕事を見せていたノボリとの比較という形になる。車屋がSBで輝いた試合が今シーズンはほとんど無いので、武器になるところを見せて欲しい。あとは阿部家長のゴール。そろそろ小林だけのチームだと厳しい。前回対戦では勝ったものの形は作られ続けられた内容だったので、好調な相手ではあるが川崎らしさで圧倒してもらいたい。

試合後

2. 大島僚太にかかる負担

試合前

代表に召集されるも怪我のため離脱した大島。今シーズン好調を維持してただけに悔しいだろう。今シーズンのチームとして圧倒できない部分の一つに守備がゆるい時があるというか集中力が切れる場面が多い。家長、エウソンは攻守の切り替え時に守備をさぼりがちであり、その尻拭いを危機察知能力の高い大島がやっていた。試合によってはサイドバックのポジションまで下がって守備をしていることもあり負荷は相当高かった。筋肉系の負傷もやむなしだろう。そして迎える復帰戦で相棒は下田。守備に難のある下田と組ませるのは大島への負担を考えると不安があるが、そこは下田のパフォマンスに期待したいところ。どちらかというと1st DFとしてさぼりがちが家長がちゃんと守備面で大島の負担を軽くしてくれる事を願う。

試合後

参考:
リーグ 16節 vs コンサドーレ札幌

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です