【サッカー】リーグ20節 vs 横浜Fマリノス 2018/08/05 等々力陸上競技場

結果:久しぶりの完勝 2−0

得点:小林、小林

警告:大島、守田

退場:無し

公式記録


ライブ

ポイント

1. 攻撃面の改善点

試合前

今シーズンの課題は攻撃面。その原因の一つがサイドの使い方。調子の上がらないエウソンと選択肢の少ない車屋を使い続けなければならない選手層が影響しているが、解消すべくノボリをSBとして車屋をCBに起用した。さらに家長を左サイドに配置し、小林を右サイド、トップにあべちゃん。現状できる形で一番夢があるのを選んだ感じ。前回対戦ではノビノビ攻めれた相手に攻撃復調のきっかけを掴みたい。

試合後

久しぶりにみたいサッカーがみれた。理由はいくつかあるけど、「マリノスが中央を閉めた守備をしなかった」「ボールの握り合いになった」「ポジションをみんなが守った」「サイドでボールを保持する時間を減らし、早めに縦にボールをいれた」このあたりは徹底していてよかった。バランスの良さと中盤の構成力の向上が見れたのはよいが相手が良かった部分もある。守備を固めるチーム相手にやれるかどうか。ただ、久しぶりにワクワクできた。

2. ノボリとあべちゃん

試合前

チーム内でも屈指の気の利くプレイヤー二人が先発復帰。最近の連動性の無さを解消する為にどう動くのか、何を狙うのか、それだけでも見所満載。阿部はゴールという結果を残して、先発の座を掴むチャンスという強い気持ちで臨むと思われ、阿部ゴールをノルマとしたい。一方ノボリは車屋とバランスを取りながらのタスクになるので、どちらかというと個人優先の家長、車屋を守田とバランスを取りながら崩して行くという中間管理職としての仕事っぷりに期待したい。気の利くノボリならできるはず。そして、いざという時の攻撃的なノボリも見せて欲しい。

試合後

ノボリはMVP級の大活躍だった。サッカー選手は90分の中でボールに触るのは5分程度という話もあるが、ボールを持っていない時のプレーが抜群に良かった。サイドバックに求められるものをみせてくれた。あべちゃんも同じでボールを触れていない動きでスペースメイクを淡々と続けていた。

参考
リーグ6節 vs 横浜Fマリノス

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です