【サッカー】リーグ17節 vs V・ファーレン長崎 2018/07/22 等々力陸上競技場

結果:ワクワクの少ない完勝 1-0

得点:小林

警告:知念

退場:無し

遷移:1 – 0

公式記録

ライブ

ポイント

1. 猛暑での試合運び

試合前

前回と同じスタメンで臨みそうな本戦。戦力的にも圧倒して勝って欲しいが、暑い中でどういう試合運びを見せるかに注目したい。開始直後にパワーをかけてそこで点が取れるか。最近は決定機を決めきらない事が多いので、そこで決めきれるかどうか。そしてゲームの閉め方。クリーンシートを達成するのは必須。複数得点も必須。そういう試合をみてみたい。

試合後

暑い中で行われた試合でワクワクは非常に少なかったが、完勝といえる内容ではあった。とはいえ崩し切った決定機はほぼなく、ボールは保持する、ボールは繋げる、ボールは奪う、の3点だけを永遠繰り返している感じ。最後の最後で中央を固める相手に対して、シュートを打ててるいうか打たされている部分もあり、数値ほど攻撃できていない。猛暑野中で4連勝はいい事だが、暑さだけなのかどうか。気温が下がってきた時に点が取れないチームになっていない事を願う。

2. サイドから崩し

試合前

前節から引き続きSBの動きに注目したい。何をメインタスクとしているか。攻撃と守備のバランスは。仕掛けのタイミングは。連動性の高いサイドアタックを期待したい。

試合後

前節に比べエウソンは復調気味。縦へのドリブルと中へのドリブルを織り交ぜ攻撃に色をそえていた。ただ守備は怪しいシーンが散見されたのは気がかり。奈良と谷口の守備力に助けられてる部分は多い。一方の車屋は相変わらず。攻撃の部分に挑戦しているように見えるが、チームとして脅威になっていない。車屋がボールを持ったら3秒ぐらいこねくり回して、横か後ろに戻すか、縦へのドリブルからの無理なクロスだけ。とても守りやすい。怖い攻撃がない。あべちゃんがいることでどうにかクロスまで持っていけているが、個人の力で突破するにはなにより駆け引きが足りない。やることがバレていても抜けるほどのドリブルを身につけるか、相手を惑わすほどの選択肢を示すか。車屋の進化に期待したい。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ17節 vs V・ファーレン長崎 2018/07/22 等々力陸上競技場」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です