【サッカー】リーグ15節 vs 清水エスパルス 2018/05/20 等々力陸上競技場


結果:数字上は完勝 3-0

得点:中村、阿部、中村

警告:無し

退場:無し

遷移:1-0 -> 2-0 -> 3-0

公式記録

ライブ

ポイント

1. 守備の安定

試合前

最近のサッカーの崩しの基本はいかに相手を動かして優位な状況で勝負ができるかであり、止まった状態からの1対1はほとんどない。そのためによくあるのがCBとSBの間やCBとDMFの間に人を配置し、どっちがつけばいいのかわからないようにした上でボールを回すということだ。フロンターレが得意としているところであるが、守備の部分では対応しきれたいない印象を受ける。阿部がいない時の車屋と谷口の関係やネット不在時のDMFとCBの関係は約束事が守られていない事が多い。そういう部分も含めて谷口のパフォーマンスに期待したい。

試合後

前半は清水が前に来なかった事もあり、守備に問題は無かった。187cmのクリスランが清水の希望であったが谷口と奈良の2人が完璧に抑え込んだ事で危険なシーンは発生せず。問題は後半。相手がサイドを使い始めたあたりから、受身になり割と自由にサイドを使われると次々とクロスを上げられてしまう。前半の緩い相手に合わせた気持ちのままだったのか前半攻め続けた事により攻め疲れか。特にエウソンは対応が悪く狙われ続け、武岡に交代。それでも流れは変えられず。ただ、後半は相手陣地に押し込む事が出来なかった事による影響でもあるので、そんな中無失点で抑えられた事は評価したい。ただ不安はある。

2. 攻撃の形を取り戻せるか

試合前

攻撃は徐々に良くはなっているがイマイチかみ合わないまま。いいパスが2回までしか繋がらず勝負の3回目がずれる事が多い。理由はたくさんあるが、観客がみてもわかる攻撃しかしていないのが1番だろう。つまり真ん中つないで行くんだろうなと思うときは真ん中にいくし、サイドだろうなと思ったらサイドアタックになるので、守る方としても思い切った判断で守りやすい状況になっている。いいときは真ん中固めるならサイドから、サイド固めるならミドル打つよ、など観ている観客も何をするかがわからないワクワク感がある。この感じを出せるようにして中断を迎えたい。

試合後

引いた相手に対しては押し込み続け、反撃のチャンスも与えなかったという意味では良かった。ラインを上げたがる清水が上げられないほど圧倒していた。問題はやはり後半。パワーをかけて来る相手をそのまま受けてしまったまま、相手の流れになりかけた。憲剛がカットから3点目を奪った事で良かったがアレがないまま1点返されてたら危なかった。試合後コメントで奈良は「行くのか行かないなかハッキリしなかった」大島は「バランスを取れた」家長は「問題なかった」と前と後での意思統一が出来ていないのが後半の問題だろう。阿部ちゃんがセンターにいた事で攻守にバランスを取ってくれたが全体的なところは中央にいる大島に仕切ってもらいたい。行くか行かないか。攻撃の中心は大島だから。90分という試合をコントロールする力をつけて欲しい。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ15節 vs 清水エスパルス 2018/05/20 等々力陸上競技場」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です