【サッカー】リーグ 13節 vs FC東京 2018/05/05 等々力陸上競技場


結果:魅力を感じない完敗 0−2

得点:無し

警告:齋藤

退場:無し

遷移:0-1 -> 0-2

公式記録

経過:

ポイント

1. 鬼木監督の采配

試合前

浦和戦で選手起用から戦術的な部分から良手とは言えない選択をしてしまった。好調なFC東京相手に疲労困憊な上にソンリョンを欠くという現状。連戦での疲労がピークになるこの試合でどんなプランを持っているのか。浦和戦の判断が正しかった事を示してほしい。浦和戦も最後の頑張りをどうみるかで判断も変わる。本当はもっとパワーがあった判断なのか、想像以上に酷使したのか。全てを知っている監督が判断したのがなんだったのか知りたい。相手の疲労もピークでおそらく重い試合になると思うので、どこでパワーを使うのかに注目したい。

試合後

采配はミスがあった。というか今シーズン魅せるはずの圧倒する力へのトレーニングが順調じゃないように思える。そのせいでやりたいことができなくなってしまっている印象がある。優勝した年を越えるために取り組んでいるいることはあるのだが、そのベースが崩れ始めている。簡単に言うと足元の技術、個々の判断、組織の判断、全てが半端な状況となっている。もともと風間体制時代は足元の技術と個々の判断を徹底的に磨いた。そこでタイトルに届かなかった部分を鬼木監督が組織の判断を植えつけてタイトルをとった。そこを超えるために鬼木監督は組織の判断の部分をさらに伸ばそうとしているが、ベースとなる足元の技術と個々の判断の精度が落ちてしまっている。組織の判断として守備を始める位置や取り所を決めるのはいいが、その後攻め始める時に個々の判断と足元の技術の部分の精度が足りず、攻撃ができない。また、おそらくであるが守備からのショートカウンターを去年より増やすための取り組みを重視しているため、引いた相手に対するアイデアが確実に不足している。東京戦では途中出場の憲剛と小林が手本を見せようとしたが周りが付いて来なすぎた。ボールを握ってなんぼのチームの基礎力が落ちている問題にどう着手するのか今後を見守りたい。あとセットプレーは完全にバレているので対応しないと深刻な問題になる。DF陣だけでは対応できない部分。しっかりして欲しい。

参考までに簡単な例:

足元の技術:

パス、トラップ、ドリブル

個々の判断:

ボールを受ける位置、パスの受け方、パスを出すタイミング、ポジショニング、止める守備か遅らせる守備か

組織の判断:

守備を始める位置、ボールを奪う位置、攻撃で狙う位置

 

2. 新井のアピール

試合前

おそらくスタメンで出るであろう新井。新井は両足のキックが売りだと思うが最近は乱れがち。ソンリョンの牙城を崩すにはシュートストップではなく、攻撃の起点となれる事を示す必要がある。もう一つはコーチング。流れからの不用意な失点が続く守備陣との連携を高めてクリーンシートを決めてほしい。新井の声は普通に客席まで届くので好き。どんな指示を出すか、どうしたいのか、そこいらへんに注目したい。

試合後

セットプレーからの2失点はいただけないが、あれだけフリーにされたらGKとしては難しい仕事かと思う。実際流れの中ではいくつかいいシュートストップを見せていたし、相手のプレスに負けずに足元でつなぐ部分も見せれていた。だが、あの失点で流れが変わったというか終わった試合であったので、ああいうのを止める力が正GKになるためには必要かと思った。

ピックアップ

4. 大久保嘉人

クラシコに強い男、かつての得点王、スタメンを張り続けた男、そして出戻りの男。そんな彼に今求められているのは得点だけでなく、むしろゲームをコントロールするところ。特に憲剛がいない時にゲームを落ち着かせる、展開を作る。そんな部分を出して欲しいのだが今の彼はスタメンになるために得点が欲しい気持ちが強すぎる。そして彼のプレーは2014-2015シーズンのフロンターレのようだ。とにかく早い。攻めが早い。レナトと小林と快速トリオで攻め込んだ時が一番気持ちよかったのだろう。そのイメージで戦っている。齋藤をレナトだと思っている節があるのであいそうであったがチームとしては合わないし、そもそも齋藤は齋藤でフロンターレ一年生である。結果、今のフロンターレと合わない。なのに自分を変えない。そして動きを止める。今のままではスタメンどころかポジション争いで下位に行きそう。家出した1年は重い事を理解して。輝くために大人になった嘉人がみたい。

37. 齋藤学

初めてのスタメンで気合いが入っていた。動きも良かったが周りの動きが悪すぎた。特に車屋との相性が最悪で互いの長所を消しあってしまった。1 vs 2の局面を打開するのが彼の魅力なのに、周りが集まりすぎて抜くスペースをなくされたり、逆に離れすぎて1 vs 4 の勝負をさせられたりと辛い展開。後半は車屋が仕掛けるために上がりまくった事でスペースを失い交代。気の利くプレーヤー登里とのコンビでみてみたい。あと膝の怪我は復帰から3ヶ月から6ヶ月で再発しやすいので様子をみながらの起用は続けて欲しい。

 

あわせて読みたい:
【サッカー】講義:ポジションとは(前提)
【サッカー】講義:ポジションとは(入門)

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ 13節 vs FC東京 2018/05/05 等々力陸上競技場」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です