【サッカー】リーグ 12節 vs 浦和レッズ 2018/05/02 等々力陸上競技場


結果:記憶に残る完敗 0−2

得点:無し

警告:齋藤

退場:ソンリョン

遷移:0-1 -> 0-2

公式記録

 

経過

ポイント

1. 3バックとミドルシュートへの対応

試合前

3連勝中と調子を上げる川崎と監督交代後2連敗中と調子の上がらない浦和。対照的な状況であるが、きっちりとホームで勝点3をとりたいところ。気がつくつと苦手にしている3バックへの対応も最近の試合を見る限り問題ないと思うが浦和相手にできるかどうか。真ん中にこだわることなく相手を見て、サイドや裏、ミドルシュートも交えて多彩な攻撃をくりだして欲しい。守備面ではミドルシュートに要注意。最終ラインは安定しているがミドルの場面では大島、ネットが半歩詰めるのが遅かったり消す方向を間違っていたりと些細なミスからの失点は数年の課題。しっかり守り、しっかり攻める。圧倒するシーズンをそろそろ見たい。

試合後

序盤から前を向かせない厳しい守備に苦しめられ徐々にボールを繋げない展開に。立ち上がりは良かったが15分でパワーを使ってしまった感じ。15分に失点も車屋のツメが遅かったり、その前のプレーの選択が良くないし、ちょいちょい集中力が切れてしまう流れになってしまった。3バックへの対応というより、コンディションからくる集中力と連動性の欠如で完敗。戦術的には宇賀神に家長とエウソンが抑えられてしまい、嫌がった家長がサイドを離れ中に行き始め小林と被り、エウソンは元気なく右サイドは活性化しない上、中央は渋滞する展開。左サイドは車屋がゲームになぜか入ってこれず、阿部が頑張るも浦和の守備を崩せず。家長と阿部は能力は高いが、うまくいかない時に家長は「個人での打開」を目指しポジションも結構自由にかえボールを持ちたがり、阿部は「組織として効果的な打開」を目指す傾向にありバランスをとる方向にポジションを調整する。なので家長は出ている間基本目立つが阿部は消えてしまうことがある。そもそもボールが回っていない時の対処方法の違いでどっちがいいというわけではないが、どちらも改善に繋がっていないという課題を解決して欲しい。守備面も谷口奈良が並んでいるうちは安定感があるが谷口が釣り出されると急に脆くなるのは修正しておかないと今後狙われそう。

2. ゲームをコントロールする事(90分という時間の使い方)

試合前

連勝しており調子はいいし、内容も悪くない。今までのような90分間高負荷な試合で勝つのではなく、抜くところを抜けるようになってきたのは大きい。ボールを保持する事でゲームをコントロールするのではなく、ボールを持たせてゲームをコントロールでき始めたのも大きい。ただ、抜いた後で相手がパワーをかけてきた時にエンジンがかかるのが遅く、失点してから目を覚ますことも多い。90分という試合の中でどう試合を進めるのか。特に連勝中は開始10分までに得点をとれていることで安定している部分も多い。浦和はそこいらへんの対策をしてくると思うので先制点が取れない場合でも90分間安定した試合ができるのかみてみたい。当然、早い時間の先制点もみたい。

試合後

語るまでもないぐらいゲームをコントロールできなかった。疲労が溜まっていたのか調子が悪い選手が多かった。ゲームが出来ていたのは開始15分と終了前の10分ぐらいか。一番気になったのは失点後の選手の動き。取り返してやろうという気持ちがなく、どちらかというと下を向いてしまった。コンディションから来るものもあると思うがチームとしてよくない状態。この試合においては鬼さんのスタメンチョイスも選手交代も交代のタイミングも微妙すぎた。特にブラジルコンビは動きが重く、失点の起点になっていたにも関わらず交代も戦術的なテコ入れもしなかったのは疑問。武岡、守田、大久保あたりを後半頭から入れた方が良かったのでは。結果ソンリョンを欠き十人での戦いをした肉体的なダメージの蓄積と厳しいクラシコになってしまった。休養しかできないが、どんなメンバーで臨のか興味深い。

ピックアップ

3. 奈良竜樹

ソンリョン退場で急遽GKをやることになったがGKとしての仕事も良かったが、何より良かったのは前に出る姿勢。一人少ない中でボールをつなぐチームとしてはゴールに閉じこもっている場合ではなく勇気を持って前に出ていて良かった。「勝つにはどうするか」を最後までやる続けるファイター奈良の真骨頂を見た気がした。惚れた。

37. 齋藤学

まだまだ調整中で全開にする状況ではないにも関わらず使われ方が厳しすぎる。気持ちが相当強い選手であるがゆえに全力を出してくれるが「膠着状態の打開」を期待して送りだされる時に頑張りすぎるというか、周りが任せすぎている。浦和戦では守備の安定もしないまま出したものだから援軍のないまま1vs5みたいな中で挑むしかなくさすがにきつすぎる。齋藤はチーム内競争として阿部、長谷川より結果を出す必要があるし、W杯ラストチャンスとしては今月のリーグで圧倒的な成績を出すしかない。そのような選手の使い方として雨の日に援軍なしの個人技頼りを期待してしまうのはどうかと思った。入れて流れはよくなったが負担が心配。能力は見せてくれているので、使い方を考えて欲しい。

鬼木監督とチームスタッフ

チャンピオンチームとして各チームが強い気持ちで挑んできている。去年のメンバーが残っていることでベースはできているが裏を返せば去年のデータで攻略ができてしまう。各チーム明らかに対策を練ってきており、選手起用も川崎を意識したローテーションもしてきている。その中で相手を超えるだけの成長をチームにもたらせているのかやや疑問がある。連戦もあり相手の解析も間に合っていないようにも感じ。コンディション調整も大丈夫なのか。そろそろ底力が試される日程になってきたので、手腕を見せてもらいたい。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ 12節 vs 浦和レッズ 2018/05/02 等々力陸上競技場」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です