【サッカー】リーグ 11節 vs ヴィッセル神戸 2018/04/28 ノエビアスタジアム神戸


結果:完勝の前半。困惑の後半。2-1

得点:谷口、小林

警告:無し

退場;無し

経過:1-0 -> 1-1 -> 2-1

公式記録

 

経過

ポイント

1. ノエスタの芝と両チームのサッカー

試合前

ノエスタといえば芝が悪い事に定評があるスタジアムであったが風通しの悪い環境にも耐えられる様にハイブリッド芝を導入。去年までとは違うスタジアムになったと考えられる。それに呼応するかの様にヴィッセルもポゼッションサッカーを志向しており、芝の良さはフロンターレだけでなくヴィッセル側にも生命線になる。去年までは良い成績が残せなかったが今年は面白いサッカーが観れるスタジアムになっているのだろうか。両チームのボール回しに注目したい。

試合後

ハイブリッド芝は去年でとは別物だと感じさせる良い状態。足を滑らせる選手が多かったのは気になったが両チームとも出したいパスがだせる状態。前半はポゼッションでは一日の長がある川崎が大人のサッカーで支配。攻守共に距離も良く意思が統一されていた。後半に入るとショートパスメインを捨てサイド裏を執拗に狙う神戸ペース。鬼さんが特に対応しなかったのは信頼かそれともメッセージか。前半と違い、意思統一の出来ていない時間が続き最後は失点。最後は大島小林のホットラインでなんとか勝利。ポゼッションサッカーでは川崎の完勝。神戸は立って受ける選手が多かったのと前を向ける選手が少なかったのでリズムを作れなかった。川崎の悪い時と同じ。親近感。

2. ポドルスキーという個の力

試合前

ポドルスキーは世界レベルのタレントである。来日した去年は周りと噛み合わない上に自身のコンディションも整っていなかった。今年になり周囲との連携も取れ始めコンディションも上がった事で新の力を発揮し始めている。そんな世界レベルの力に対してフロンターレの守備陣はどう戦うかに注目したい。ポルディの相棒の渡辺も調子を上げている中、個人的には純粋なディエルで勝ちきる守備がみたい。その先にはワールドカップが見える。そんな戦いを見たい。谷口アピールして欲しい。

試合後

チームとしての完成度で上回った川崎がポドルスキーの個の力を発揮させるところまで行かせず抑え切った。谷口と奈良の勝ち。全体として連動して守れており、家長と阿部のプレスも良かった。谷口はゴールシーンで競ったあとの詰めが早かったのと、冷静に相手のクリア方向に足を出したのが冷静DFらしさを感じるゴールだった。ヘディングも勝ってるし印象はいい。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です