【サッカー】リーグ 10節 vs サガン鳥栖 2018/04/25 ベストアメニティスタジアム


結果:冷静な完勝 2−0

得点:阿部、小林

警告:無し

退場:無し

遷移:1-0 -> 2-0

公式記録

 

経過

ポイント

1. フィッカデンティ監督の罠を抜けられるか

試合前

不審にあえぐ鳥栖だが攻守の柱の怪我が大きな原因だろう。そんな中で負けられないフィッカデンティ監督がどんな罠を仕掛けてくるかに注目したい。相手の良さを消す戦術に定評がある監督がどんな川崎対策をしてくるのか。川崎対策と云えば去年は「中盤にプレスをかけてパスの出しどころを抑える」パターンが多かったが攻略でき始めたら、最近は「最後のラインを厚くして川崎選手を誘い込んでからのカウンター」パターンもでてきた。後者は前節で鹿島相手に完全にやり切ったのでそれを受けてどんな罠を仕掛けてくるのか知将の手腕に注目。当然観たいのはその罠のかわし方だけど。楽しい試合に期待。

試合後

フィッカデンティ監督の考えた作戦は手持ちのカード不足から消極的なものになった。特に攻撃は駒がない。その為「DFとDFの間に速いボールを蹴り込む」というギャンブル的攻撃しかカードが無かった。守備でもフリーで前を向かせない様に球際を激しく行き攻撃につなげたかったが最後までハマる事は無かった。理由は雑に言うと川崎のほうが良かったから。プレスをハメに行く時は「相手がミスをする」事が期待なのだが1対2の数的不利な場面でも慌てる事なくパスをつなぎ、ミスをする事なくボールを保持する川崎には「数的有利な状況を活かせない事で数的不利な場面を使われてしまう」という最悪な状況になってしまった。前半はどっしり構えていた川崎が後半エンジンかかってからはやりたい事が逆に利用されてしまうので取り所が分からずプレスも出来なくなってしまった。因みにプレスかけるのは物凄く体力を使うので簡単にかわされ続けると心が折れる。さらに攻撃も川崎守備陣が開始10分で完全に対応してしまったので、打つ手が無くなってしまった。攻守共に上を行った川崎の勝ち。ただ開始3分のソンリョンのセーブが無ければ負けもありえた。そんな内容である。

2. 中3日で波に乗れるか

試合前

久しぶりの勝利を鹿島相手に快勝という最高の形で迎えることができた。しかし波に乗るには連勝が必要。そのためメンバーが前回と同じになりそうであるが、かなり強度の高かった前節から中3日で90分間同じ試合をするのか、できるのか。交代の選手はどこでどんなミッションを与えられるのか。肉体的に厳しい時こそボールを保持して自分たちのリズムを作る事でペースをコントロールしたい。できれば波に乗れるような「ボールを動いて受けて出して攻め切る」という時間を長く観たい。

試合後

試合は前半鳥栖が仕掛けてくるが川崎は省エネ回避モード。たまにカウンターみせつつ相手の心と体のエネルギーを削って後半勝負。小林、大島投入からの2得点と計画通りの試合運びを見せた。素晴らしかったのは2つ。1つは90分のうち80分間を自分達のペースでやれた事。1つは広いエリアでのゲームができた事。自分達のペースというのは何もボールを握り続けて攻め続ける事だけではなく、相手を意図どおり動かす事が本質。前半勝負に来た鳥栖を程よく走らせながらも、自分達のボール回しを淡々とやり続けたのはチームの成長を感じた。大人のサッカー。広いエリアについては左に攻撃が偏りがあったとか、分かりやすいものはあったが鬼さんは色々な事を整理した事による成果だと思う。川崎は狭い所でパスを回すイメージがあるが、選手もそこに囚われいた。その事で渋滞を引き起こし攻撃が円滑に進まなかった。それがこの試合は相手がコンパクトに来るなら広く使うねと言わんばかりの距離感を保ったまま、数的不利な状況でも冷静にボールを繋ぎ続けたので相手に深いダメージを与えられた。これは川崎が長い年月をかけてきた技術と戦術の形であり、そこに対する確かな信頼を感じた。想像していたものとは違ったが。想像以上のものをみせてもらえた。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】リーグ 10節 vs サガン鳥栖 2018/04/25 ベストアメニティスタジアム」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です