【サッカー】天皇杯 4回戦 vs 湘南ベルマーレ 2018/08/22 等々力陸上競技場

結果:新しい力を感じる逆転勝利 3-1

得点:OG、齋藤、知念

警告:田坂

退場:無し

遷移:0-1 -> 1-1 -> 2-1 -> 3-1

総評:80点

前後半の出来の違い

公式記録

ライブ

ポイント

1. チーム戦術の浸透力

湘南は全員が走力を生かして圧力をかけるサッカー。技術を体力と精神力で補いやすく選手が変わっても湘南カラーを出しやすい。一方川崎は個々の技術とチーム戦術を組み合わせたサッカー。全員の意思と技術が噛み合う事が求められる。好調を維持するAチームと大きく選手を入れ替える一戦。どこまで川崎らしいサッカーを見せられるのか。主導的に動ける選手が何人いるか。楽しみな一戦。ただ、ハッキリ言ってターンオーバーで戦うのに1番嫌な相手。

2. 奮起する選手は誰か

崖っぷちな選手が多数出る試合。シーズン終盤に圧倒的なフロンターレを魅せるためにも出来るところを見せつけてもらいたい。

新井 章太

2nd GKとして確固たる地位を築く。1st 目指すために思い切りの良さと足元を見せて欲しい。

武岡 優斗

怪我上がりから復帰も復調した姿は見れず。魅せる守備と駆け上がる姿を見たい。

舞行龍 ジェームズ

怪我もあり中々フィットしないまま2年目。MJの売りはなんなんだ?という無難なプレーに終始しているのが気になる。らしさを見せて欲しい。

奈良 竜樹

好調を維持していたがチーム事情のためか怪我のためかスタメンから外れる。この一戦にかける気持ちは人一倍強いだろう。MJとのコンビという事で湘南の走力にどう対峙するか。ゲームを作る部分をどこまで出せるか。今日の奈良は圧倒的なパフォーマンスが期待される。

鈴木 雄斗

ゲームのクロージング要員として地位を確立中。身体の強さと多彩なポジションが出来るのはネクスト田坂なイメージか。今日は左サイドバックなので、出来るというところが見れれば満足。おそらく走力合戦要員なので頑張ってほしい。

田坂 祐介

久しぶりのボランチ。下田とのコンビという事で主導的な振る舞いが期待される。田坂の出来がこの試合を左右するが、田坂自体のキャリアも左右する試合。

下田 北斗

短い時間でも良いプレーを見せる下田。だが2-3プレー良いが残りの時間消えてる事が多いのも事実。今日は90分考えずに45分良いプレーを見せるぐらいの気持ちで全開でやって欲しい。

長谷川 竜也

齋藤の復調と守備の難点により序列を落としている。この試合ではドリブルでボールを運ぶ事はもとより守備の部分が注目。

齋藤 学

復調しているが好調なチームでの話。個人的なコンディションは良い中、このメンバーで輝けるかどうかが大きな分かれ目。具体的な結果が求められる選手。

赤﨑 秀平

能力は間違いないが川崎でのタスクの多さに本来のストライカーとしての仕事に集中出来ない印象が強い。という事で同じ印象の知念との2トップ。仕事が分担できる分だけ結果が求められる。輝かない川崎9番伝説に終止符を。ノルマは枠内シュート3本。

知念 慶

赤﨑と同じく器用にこなしているがストライカーとしての仕事をする時間が少なすぎる。小林しか点が取れないチームにおいてCFの得点は必須。来年武者修行か川崎で頑張れるかの分岐点かもしれない。得点希望。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】天皇杯 4回戦 vs 湘南ベルマーレ 2018/08/22 等々力陸上競技場」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です