【サッカー】ACL グループステージ(2/6) vs 蔚山現代 2018/02/20 蔚山文殊フットボールスタジアム

結果:完敗 1−2

得点:知念

警告:無し

退場:無し

遷移:0-1 -> 0-2 -> 1-2

公式記録

レビュー

前半立ち上がりは落ち着いてボールをつなぐ。蔚山は中央の豊田をターゲットにしながらサイドのオルシッチらしかけて来る。今年の奈良は身体の強い相手に対して食いつきすぎというか引っ張られすぎな印象がある。そういう指示なのかもしれないがだとしたら完全に狙われている。この試合でも豊田について行き、真ん中を開けさせ谷口に広いエリアを守らせつつ2列目から厚みをますというやりたい事をやられ続けてしまった。守田は序盤押し込まれたが途中からは上手くオルシッチに対応できるようになったが失点シーンは完全なるミス。周りとの連携と判断の向上が必須。サイドバックをやるにはクロスに難あり。精度というより狙う場所、タイミングに問題がある。

攻撃陣は問題だらけになってきたが、ネットと大島のポジションはいいと思う。問題は全体的なパスの精度。前に行きたい選手に後ろに出しちゃうとか、右足に欲しいのに左足に出しちゃうとか、そういう精度が悪すぎる。そこを正しく出せないので、本来受ける=「フリー」なはずが、受けるの後に「かわす」or「保持する」の動作が入り全ての流れがワンテンポ遅れて先手を奪えない。割とすんなりいけると思っていた大久保のパスが一番ずれているのが気になる。タイミングのずれもあるし、まだまだ改善の余地がある。

スタメンで興味深かったのは右サイドに家長、ネット、守田、奈良とフィジカルの強い剛のメンバー、左サイドに阿部、大島、谷口、車屋と連携で崩す柔なメンバー構成だった事。オルシッチ対策なんだろうけど、純粋に面白かった。機能しなかったのが残念だけど。

スタメン:フォーメーション:4-2-3-1

FW 小林 5.5(知念 6.5、赤﨑 -)

MF 阿部 5.5、大久保 5.0、家長 5.5(登里 6.0)

MF 大島 5.5、ネット 5.5(森谷 -)

DF 車屋 5.0、谷口 5.0、奈良 5.0、守田 5.0(エドゥ -、武岡 -)

GK ソンリョン 5.0(新井 -)

鬼木監督 5.5

*()内は控え

ポイント
攻撃陣で気になるのはやはり小林。本人も効果的な仕事が出来ていないと感じているようだが、いまのチーム状況でワントップはだいぶ厳しいタスクになっている。空中戦に弱くはないが徹底的にマークをつけられてハイボールを保持できるかというとそういうタイプではないので、頑張ってはいるが勝負するタスクでないところに力を使いすぎている。登里が入ったあたりから間に顔を出す選手が増えた事で小林もだいぶやりやすそうになった。知念が入ってからの2トップでも良かったように、小林をワントップではなく2トップか右サイドで使ってみるのはどうだろうか。

守備陣はどうか。失点シーンは守田のミス、谷口のミス。そして今年3試合で全試合食らってるペナルティーエリア外からのフリーで打たせるミドルシュート。大局を弄るほどでは無いからとなかなか手を入れられない病巣にならなければいいが。全体的に試合中のコミュニケーションを増やそう。

ライブ

ハーフタイム

思ったより引き気味な蔚山に対してボールは握り続ける30分間。ただ決定機は作れず。最後のコンビネーションに難がある。それよりも守備に問題が。相変わらずSB、CBの守備の連携、CBとボランチの連携が改善されておらず、やりたい事をやられてる。ネットと大島の出来は悪くない。エウソンが居ないのが攻撃のアクセントに欠ける。失点シーンはセレッソと同じ形で谷口が引っ張られると指示出せる人いなくなるのが問題。コミュニケーションの問題を解決したい。

フルタイム

後半になって蔚山側は修正して来た中、川崎はそのまま選手に期待するスタイルだが裏目に出た感じ。攻撃陣が丁寧なのか挑戦がないのかどっちにしろワクワクする攻撃できず。守備も連携の改善は見られず、CB.SB.MF.GKの全ての連携が簡単なコミュニケーションで解決できる事が出来てないから監督しては弄りにくい。守備に関してはミーティング必要。攻撃はあれこれ考えて何もできなくなってるのでシンプルに2トップにしてから普通に技術を見せれるようになった。特に登里は期待する気の利いたプレーを披露してくれていいメッセージを出せたんじゃないかと。ACL去年は4引き分けで勝点4から決勝トーナメント行けたので、今年の2試合で勝点0だけどまだまだイケる。次勝とう。

プレビュー

ホーム初戦を落とした事で勝点3が欲しいアウェイ戦。憲剛が怪我で帯同していないが、現状そこまでコンディション良くないのでリーグ開幕に照準合わせて調整して欲しい。多少の怪我人がいてもチーム力が落ちない補強が今年の売りなのでどんなメンバーになるのか楽しみである。

予想スタメン:フォーメーション:4-2-3-1

FW 赤﨑(知念)

MF 阿部、大久保、小林(家長)

MF ネット、大島(下田、森谷)

DF 車屋、奈良、谷口、守田(エドゥ、田坂)

GK ソンリョン(新井)

*()内は控え

蔚山現代の過去の成績を見ると割とシルバーコレクターで好感が持てたがそんな事はいいとして、ACL2戦目である。スーパーカップセレッソ戦で全体的にぬるい守備をみせたが続くACL上海戦では改善がみれた。攻撃も意図があっていなかったセレッソ戦に比べてだいぶ良くなった。来週には開幕するリーグ戦の前に攻撃陣が元気なところを見せて欲しい。相手は4-4-2でボールを握りに来るチームではなさそうなので、しっかりゲームを作って決める人が決めて欲しい。赤﨑が観たいが知念が点取りそう。

見所

勝点3を取る意味でも元気のない攻撃陣には奮起してもらいたい。決めるところを決める事でタイトルを獲れたのであの感じを出して欲しい。小林ワントップが今のところいい感じでボールが入らないのでサイドに配置するのもありではないかと予想。得点獲って欲しい気持ちもあるのだが実はそんなには心配していない。問題は守備の連携。蔚山には豊田という身体の強い選手がいるのでクロスに対してCBとSBが連携して思ったプレイをさせない事を示して欲しいところ。コミュニケーション不足な2試合を見せているので攻撃だけでなく守備の連携も高いレベルであることを確認したい。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

「【サッカー】ACL グループステージ(2/6) vs 蔚山現代 2018/02/20 蔚山文殊フットボールスタジアム」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です