【サッカー】コラム:日本サッカーの熟成度 2018年

ハリルホジッチ解任によって色々考えた。今の日本サッカーの熟成度はどこだろうか。結論を言うと中学生レベルである。戦術の話まで出来る選手は乏しく、戦う準備ができていない選手でも代表に呼ばれるレベルだった。

ポイント

・戦術理解度が低すぎた

・戦術の話になる前に1対1を出来る選手が少なかった

・1対1をする前に戦う身体ができている選手が少なかった

低い戦術理解度

縦に速いサッカーと言われた時に、ボールを取ったら前にロングボールを蹴るしかなかった日本サッカー。この事実が日本のレベルの低さを物語っている。指導が悪かった可能性も十分にあるが、選手に引き出しが少なすぎるのだと思う。

海外に行った選手が試合に出れないのは、技術的な問題とか肉体的な問題以前に戦術の問題がある。小さな時から戦術を叩き込まれている外国人選手と未だに「止まったボールを蹴る」「守備のいない状態でシュートをうつ」という実践でありえない状況での練習をし続ける日本とは全然持っている知識と経験と引き出しが違うのだ。上記の練習はあくまで個人練習であり、戦術面での成長は何もない。2対2の場面で、崩しに行くのか?周りを待つのか?の判断から、崩す方法はドリブルかパスか、はたまたシュートか、周りを待つってどうやって何人くるのを何秒待つのか、そんな事がオートマチックに出来るのがサッカー教育を受けてきた選手たちである。そういう選手たちに「縦に速いサッカーをやる」と伝えた時、何を考えるだろう。縦に速いとはどういうことかを考えるだろう。速くするためにはどうするかを考えるだろう。守備はどこから始めてどこでとるのか。再度起点にするのか、中央突破を目指すのか、速いとはどこまでボールを運ぶことを言うのか、シュートをうつまでをいうのか、などなど。そこに対する考えと選択肢を豊富に持っている選手同士で会話をするだろう。自分の長所はこうだから、こういう時はここにボールが欲しいとか、この展開だとカバーリングはCBがやって中央底の選手がカバーに入ろう、とか。そこには具体的なコミュニケーションがある。けど、日本だと選択肢が無いので、「速く前に進む事」だけを考えてしまう。というか考えられないのだ。ハリルさんとしては「大学生にサッカー教えにきたら、戦術知識が中学生の選手しかいなかった・・・」っていうのを肌で痛いほど感じただろう。もっというと「あれ?戦術のベースとなる1対1出来るヤツがいなくね?」ってところに気がつき「ディエル」を連呼したんだと思う。結果、Jリーグは明らかに激しい魅力的な試合が増えたし、引きこもってからのカウンターばかりだったのが、積極的なカウンターを仕掛けるチームが増えたのは代表監督としての仕事をしていたと思う。

これからを考える

やはり育成だろう。昔と違いだいぶ状況は変わってきているし、若いうちから海外に挑戦する選手も増えてきた。しかし、その先はどうなるのか。Jリーグで活躍すると海外に行けと言われる。ここに2つの問題点を感じている。

1. 海外移籍を煽るがすぐに飽きる国民性

海外移籍するとあっという間に消えた選手になる現状がある。帰ってくると通用せずと挑戦を讃えるものは少ない。選手のキャリアは短い。その中で支える事、挑戦を賞賛する事、本人の選択を尊敬する事、この辺りは日本文化として成長が必要だと感じる

2. 海外=Jリーグより上という発想

世界4大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ)あたり比べるのは分かる。だが他のリーグとはどうなのだろう。特に2部や3部、若手が多いリーグなど。海外で10点取ると報道されるがJリーグで10点とっても報道されない。サッカーのレベルとはなんなのか。2部で点を取れても代表で取れなければ意味がないのでは。イングランド1部で10点とった事と3部リーグで20点とったこと。どっちが点取り屋なのだろう。他にも移籍したけど1試合も試合に出てない選手とJリーグで全試合出ている選手は、どちらのほうが代表にふさわしいのだろう。

この状況はどこかで変えていかないと、またおかしなスター扱い選手が出てくるし、真のスターが埋もれて行く可能性を危惧している。

 

方向性としては、個人的には日本の武器は勤勉さと滅私奉公だと思う。下手に攻撃的なチームを目指すより全員が勤勉にチームのために戦う姿が日本国民の心に響くと思ので、こういう特性を生かしたサッカーを目指せる育成組織が作れるかどうか。そして何よりも重要なことは「協会が変われるか」それが全てだと思う。

投稿者:

r812

川崎在住のソフトウェアエンジニア。 自然と映画とサッカーをこよなく愛す。 サッカーフロンターレを熱く応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です